ハイボールマンの林道専用マシン、カワサキKLX250。


KLX250とは

元々はモトクロッサーKX125の車体にデュアルパーパスKLの4サイクルエンジンを搭載したモデルとして KLX250A-1 が1979年に北米で発表され、翌80年のA-2より北米に加えてヨーロッパ,オーストラリアなどへの販売も開始、前後ライトも装備された純エンデューロモデルとなる。北米での販売はこのA-2モデルまでだが,ヨーロッパ,オーストラリアではB-1/B-2モデルとして、Rバックやスピードメーター,さらに国によってはウインカーなども装着する公道モデルも存在した。83年には当時のKL250 にも採用されたバランサー付きのエンジンに喚装したC-1モデルも存在している。

その後、1990年頃からエンデューロレースにおいて2サイクルエンジンのKDXシリーズが席巻するようになったが、長距離においては4サイクルエンジンを搭載するホンダ・XRが有利な状況にあったため、XRのライバルとしてKDXの車体にKLRの4ストロークエンジンを搭載する車両を製造するプランが持ち上がり、1992年発表の KLX650R から再びKLXシリーズとして開発されることになった。

ハイボールマン号

KAWASAKI KLX250SR(1997年式)

以下、wikipediaから引用

1993年1月にコンペティションモデルの KLX250R が先行して発売され、2月に公道用車両の KLX250SR(E1 – E5) が発売された。

車体はKDXシリーズのものをほぼ流用しており、搭載するエンジンはKLR250をベースにしているものの大半を刷新して中高回転域重視のセッティングを行い、車体は4サイクルエンジン搭載ながらKDX250SRと同じ乾燥重量までに抑えた。KDX譲りの前輪倒立・後輪ユニトラックサスという車体のパフォーマンスと、2サイクルに立ち向かえる水冷エンジンが高い評価を受け、発売時に用いられた『闘う4スト』のキャッチフレーズは、このオートバイを表す代名詞にまでなった。