五所川原 食べログ不動の第一位、亀乃家(かめのや)の天中華そば

梅雨の湿る風吹く五所川原の市内を彷徨う人の影。

うろうろキョロキョロふらっふら、、男の目は泳ぐ泳ぐまるでファインディングなニモとかドリーとかぐらいにそりゃもう泳ぐ。

ここはひとつ何を探しているのか聞いてみよう。

「あのー、、Youは何しに五所川原へ?」

「えっとんっと、、腹減っちゃって、なんか喰うものあるかと思ってえっとんっと、、」

「あっそっか、えーっと身元証明できるものとかあるかな?」

「えっ、あのっ、ハダカの現金しか持って無いっす」

「あっそっか、えーっと急いでるようだけど今からどっか行くのかな?」

「えっ、あのっ、、お腹がグーグーうるさいからとにかくなんか喰おうかなって、、」

「あっそっかまっいっか、、キミとにかく現逮ね、はいカクホー」

正義の視点はブレない方がいい、時は戻せないだからいい、ハイボはやっぱり怪しいぐらいでちょうどいいッ!( ་ − ་ )ུ


おっふ、ここが噂の名店ですか、、あまりの緊張で腹がグーグー鳴ってるハイボールマンが来ましたよっと♪( 、*´▿`)


そんな人気店の駐車場事情はこんな感じ、、どうぞ察して(;´д`)


「いらっしゃいませぇ」、家族っぽい独特の空気感によるオモテナシに涙腺ゆるむ年頃になったハイボですꈍ .̮ ꈍ


初めてのカメノヤで喰わなかったらバチあたる、そんな使命感が背中を押すもんだから僕もやっぱり天中華でおなしゃすッ!ʕ•̀ω•́ʔ✧


その昔、水1杯800円て言う有名シェフがおったとさ、、でもここには居ないからお茶もお水もセルフサービスの飲み放題ξξ ´◔◞0◔ξ


そして目の前に運ばれる一杯の丼に週末の天気を読む、、わいはまんだ今週も雨だでばっ(ꀂǒꀂ)


これは天カスが乗ってんのかな?、と思ったハイボールマン、、


意外にズッシリホロッホロ、、料理教室通いたてが世界で最も憧れてる食感はまさかのホタテのミッコが連なってるっていう贅沢三昧(((;ꏿöꏿ;)))


鼻から抜ける野菜の甘みとシイタケの香り、、ハイボが再現するとしたらラーメンスープとメンツユ混ぜると思う、結構ずっと黙々と


細縮れ麺がスープの優しさと相まって独特の世界が口いっぱいに広がる様な、しかもそうでいてそうでないようなー( ꆤωꆤ )y─┛


この料理に関していえば彼はただの脇役、一瞬でペロリよそらもーそーよそらそーよ


これぞラーメン!、ってよりはソバ寄りだもの、、一味が合わないハズがない(۶்ิ▿்ิ)۶่่


きっとこれは長寿の料理、、喰えば食うほど血圧下がり、飲めばのむほど運気が上がる、、プラシーボ効果とにかくバンザイ( ꒪﹃ ꒪)


ぼく「ねーねー、カメの甲羅の中ってどーなってるのー?」、、大人「内臓。」、、そんな時代を育ちました


HRP(Highballman’s Ramen Point)20point ⇒HRPランキング2020
スープ:☆☆☆☆★ 香るシイタケ
麺  :☆☆☆★★ メソメソするなよ男なら
具材 :☆☆☆☆☆ のせた天ぷらがしみるやづ
雰囲気:☆☆☆☆★ 優しいお味やさしいお店
値段感:☆☆☆☆★ 800円

「五所川原さ来ただば一回喰ってぎへっ、カメノヤの天中華ば喰ってぎへっ」

かの津軽百年食堂にも名を連ねる五所川原・亀乃屋。

きっとハイボみたいな俗世まみれのエロゾンビなんか入っちゃいけないアレなんだべなぁ、、チョビヒゲ生やした地元の名士が愛人連れてくような、マルチーズカットの奥様がチワワば抱っこしながら微笑むような、、

たぶん先生って呼ばれる人しか行っちゃいけない、そんな場所だと思ってました。

でも、違ってました。
ここは気軽に入れて気軽にレジェンドレシピを喰える店、ほんとの意味の名店だってことにハイボールマンは震えたんだ(((╹д╹;)))

ただ、、これからも長いことやってくに当たって考えなきゃならない問題もあるとハイボなんかは思うんだ。
そう、それってつまりやっぱりここの駐車場問題。

五所川原がまだまだ閉じてた時代に歩いて通える地元民だけなら良かったものの、、今じゃエルムを中心に県内至るところから車で人が流れてくるようになった五所川原、しかも店があるのは街の超中心地っていう(;´Д`)

正直、、店前路チューありきはちょっとなぁ、と思ったのはきっとハイボが最初じゃないハズッ、、うんほんとたぶんの話。。

あくまでもその路駐を容認したいのはそこに停めた運転手、そしてやっぱりそのお店。
そこを通過したい歩行者やシルバーカーなんかにとっては本当ただの迷惑だし、やっぱり近所にそーゆー店ってあんまり嬉しくない。

せめて近隣のパーキング利用者に◯◯サービスとか、警察官立ち寄り所や路駐禁止なんかの貼り紙とか、、なんかかしらのら路チュー前提からの脱却を図った方が、向こう100年の歴史も純粋に楽しめるんじゃないか、、蚊帳の外オジサンとしたら勝手にそう思ったのだった(^^;;

名店とはつまり近隣住民やただの通りすがりにも優しい店だったのね、、あぁ、それってゴショのカメノヤじゃん!、、そんな時代がくることを夢見て、、ごちそうさまでした( ͡° ͜ʖ ͡°)


亀乃家
営業時間:10:00〜18:00
定休日:月曜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA