弘前千年の老舗中華 銀華飯店の広東麺を喰う

盆の終わり。

それは青森が、冬に向かって一気に走り出すことを意味する。

急に寒くなり葉も落ちて、雪降ったかと思えば連日連夜ひたすら雪かきっていう地獄が続く。

おっふ、、こりゃ大変だ。

もう今のうちから出来る準備ばしなきゃ雪と氷と飲酒癖にまみれて死んでまう。

だけどいったい何から手を付けたら、、

、、ッ!!( ⁰▱⁰ )ソーダマズハカラダバアッテメヨー

これから一気に寒くなる前に、餡の熱っついの喰って芯から温めて、水風呂浸かって毛穴も気も引き締めるッ!✧(`ῧ´)


弘前千年のギンガなお店に、銀やリキはおろかベン、モス、武蔵とか紅桜になれなかったハイボールマンが来ましたよっと( θོثθོ )


店内には6席のカウンターとテーブル席に2卓あって、


足のニオイに否応なく気付かされる小上がり席も2卓、


だからハイボは小上がり避けてカウンターへ向かうんだ( ꒪⌓꒪)


うん、ちゃあんとニキニキしてるっ♪( ʘ̅◡ʘ̅ )


ハイボールマンは目を凝らす、だって悩みすぎるメニューがあったから


肉野菜、五目ラーメンと最後の最後まで悩んだ末に選んだ広東麺さんです、はい拍手〜((*◕ω◕)ノ


説明しよう、カントンメンとはいわば具がいっぱい入ってトロッとしてるやつ、つまり醤油味した五目ラーメン、、なのだッ!((๑✧ꈊ✧๑))


テラッテラだでば、餡と油でテラッテラしてらでば(*´﹃`*)


しょっぱさと甘さと辛さがコラボしたスープのお味、わかりやすく言えば愛しさとせつなさと心強さ味


麺で食っても飯で喰っても酒と合わせても美味いものがまさかサバ缶の他にもあったとは(;´Д`)


麺にトロミを絡ませながら喰う、もはや儀式


でもほんと熱っつい白メシと喰ったら合うべなぁ、チギリの塩辛の次ぐらいに合うべなぁ(◜௰◝)


フーフーしなきゃ舌が死ぬ、フーフーしたら出川とか竜ちゃんとかが死ぬ


本格町中華と白コショーの相性マジ激アツ、ブラックペッパーの入り込む余地まるでなし( ꒪◞౪◟꒪)


本格町中華にあって欲しくもありどこかなくてほしいもの第一位、穴開きレンゲは銀華飯店にはございません(❛ω❛)


「申し遅れました、わたくしハイボー‥」「てんちょー殺しのライセンスー」


HRP(Highballman’s Ramen Point): 24 /35 point ⇒HRPランキング2021
スープ:☆☆☆☆☆★★:5 銀河の果てでも
麺  :☆☆☆☆★★★:4 ガッツリ喰うぜ
具材 :☆☆☆☆☆★★:5 ハンターランクは
雰囲気:☆☆☆☆☆★★:5 テンテンテロン
値段感:☆☆☆☆☆★★:5 750円

「旧き良き時代の味に酔うハイボールマンて奴がおったとさ」

ザ・本格的町中華、その名も銀華飯店。
そう、ギンカハンテンじゃないよギンガだったの!?ガッビーン!!、っていう銀華飯店初心者があとを絶たないっていう、弘前千年の超老舗中華屋さんである。

そんなかれこれ30年以上の歴史を誇る地元の名店に、実は未食だったキニナルハイボが行ってみた。

メニューには中華屋さんならではな料理名が大量に並び、迷えるハイボが悩みに悩んでついに頼んだカントンメン。

野菜タップリ、餡掛けトロリ、合わせた細麺チュルチュルリ。
フーフーアッチチしながらウンメーウンメー言って喰う、コショーだとか酢だとかもときどき入れてはウンメーウンメー汗かき喰う。

その味に、なぜか懐かしい記憶が蘇る。

あれはおよそ20年ほど昔の話、ハイボールマンの弘前時代。
とあるツテで通い続けた弘前中央通りにある某中華屋さん、今では閉店してしまったあの店がふと思い出された。

あの頃あそこでよく食べた五目ラーメンとカントンメン、そしてオヤジの優しい笑顔、、あぁ、チン、マ、、ン、、♡、、!、おっふいけないついついまたまたトリップしちゃったじゃ(;´Д`)

旧き良き時代の味を旧き悪いオジサン世代が喰う。
あぁニッポンは今日も平和だじゃ、と思えるこの日のランチだったとさ、、ごちそうさまでした(・ิ ॄ・ิ๑)


銀華飯店
営業時間:11:00〜19:30
定休日:水曜
駐車場:向かって左側に

弘前千年の老舗中華 銀華飯店の広東麺を喰う” に対して4件のコメントがあります。

  1. roadbusaer より:

    珍満…懐かしい(^^;
    その昔、その店の子と同級生だった時がありました(^^;
    出前が三輪バイクで、歩道を爆走してた思い出が(*_*;
    浪館にも同名店がありますが、関係あるかはわかりませんが、思い出の味は大切にしたいですね(‘ω’)ノ

    1. highballman より:

      おっしゃる通り、大事な思い出を時々思い出しては悦に入っちゃう歳頃を自覚させられます(;´д`)

      当時、お子さんと思しき若者2人が店主と口喧嘩しながらもどこか微笑ましく手伝ってたのが懐かしいです(*´ω`*)

      1. jeep より:

        その店主と喧嘩しながら働いていたのは私の親友達です(笑)
        当時はまだ16〜18の若造の頃ですね。
        1人は息子で現在は東京でプログラマー、1人は建設業で全国を転々としております。
        懐かしいですね珍満…
        私も友人達に会いがてら、よくご馳走になっておりまして、味噌ラーメンが好きでした…

        ハイボさんの独特の言い回しが面白くて良く拝見させて頂いております。
        お体にご自愛し、これからも変わらぬ投稿をUPしてください。楽しみにしております。

        1. highballman より:

          jeepさん、はじめましてコメントありがとうございます。

          東京でプログラマーは麻雀大好きメガネのお兄ちゃんの方でしょうか、懐かしい(*´ω`*)

          ちょうどあの辺りで過ごしたハイボの弘前時代、お昼時にはちょくちょくお邪魔してました。
          あの頃食べてたのは五目ラーメンがほとんどでしたが、味噌ラーメンもたぶん1回は食べてるはず、えぇたぶん(;´∀`)

          そんなイカれたハイボさんの戯言ブログですが、今後ともほんの時々でいいんで覗いて貰えれば嬉しいです^_^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA