造道 あっぷる改めふたごやで濃厚青森タンメン

移転オープン、改装オープンが続く青森ラーメン界で、、ひとり震える男がいたんだとか。。

男の名前はハイボールマン。。

あぁ、早く行きたい、、イチ早く行ってこの場に載せて、インスタに載せて、、沢山のコメントやらイイネやらで自分を肯定してやらなきゃ、、壊れてしまう。。

でも、、時間もなかなか取れないし、、お小遣いももう、、無い、、(;´Д`)

もうこうなったらしょうがない、、エアで、、喰うか、、、(・c_・`。)

静かな部屋でカーテン閉めたら電気を消して、服を脱いだら始めよう。

スンマセーン、くっさいラーメンひとつー、、おっ早いね大将、、ズルッ、ズルズルーッ、モグモグごっくん、ゲフッ、臭っ、、ゴクッゴクッ、、ゲフッ、臭っ、、、ゴチソーサマー。。

、、あぁ、、腹減った、、(;´Д`)


そんな頭オカシイボールマンに届いた1枚のハガキ、、それは天国への招待状かそれとも地獄への片道切符か(;´Д`)


あっぷる変わってふたごやに。。ふたご、、双子、、フタゴ、、、。店名のふたご、一体何と何でふたごなのかは、、割愛ッ!(ノ*’ω’*)


以前は店員オーダーだったのも券売機に、、これも時代の流れか( ’ω’ )


券売機横、写真付きのメニュー。。皆がみんな下調べて行ってるわけじゃないから嬉しいね\(^o^)/


小上がりは無くなり店内は縦長のレイアウトに。。カウンター8席にテーブル席×6とはハイボールマン調べ\( *ω*)


調味料が乗る受け皿の収まり悪さもご愛嬌。。ショウガを刻みニンニクと思ってぬか喜ぶハイボールマンはピュアなやつ( ・ω・)


ひらこ屋っぽいお新香のサービスコーナー。。思えばサラダバーのあったあの頃が懐かしい。。


「新しくなった」濃厚青森タンメン、、あっぷる時代のタンメンとはまるで別物になりました


見た目だけでいうとジャンクさゼロ、、前のヤサイ山盛りを知ってる人には是も非もありそう(^^)


やや強めの塩味ながら、野菜と鶏の旨味をしっかり感じるこのスープ、、美味いでばな(*^^*)


更に変わってたのが極太のムチムチ麺、、一瞬感じるジロー感に喜ぶ悦ぶ歓びのハイボールマン(∪´>‿<`)


そんじょそこらのラーメンより野菜は絶対量が多め、、でも、、、マシたい、、増したい、、あぁ(;´Д`)


しかし小間切れ肉は強めの脇役感。。肉好きは別トッピングの大判チャーシュー頼めってか、、1枚120円3枚で300円の高級品いっちゃいなってか(;´Д`)


幸せの白いペーストありますか?、、ニンニカーは恥ずかしがらずに店員さんに(∩˃o˂∩)♡


しっかり焦げ目で香りもGood。。食感を残した調理加減は絶妙で野菜好きにはタマンない、、ああマシたい(^o^)


精神安定剤の黒い粉、、これがハイボールマンがギリ人間でいれる理由(ワケ)( ◞・౪・)◞


ふう、なんだかんだ言っても、、なかなかレベル高いラーメンだでば( ╹ਊ╹)


痛恨の極み乙女ハイボールマン、、割りスープをやり忘れる、、の巻(ー_ー;)


顧客情報の収集と満足度の定点観測をコレ1枚で、、って書くのはいいけど何か当たったりすんのかな?大勝軒みたいに( ╹ਊ╹)


セットメニューは4種類。タンカラとかタンギョウとかちょっと口に出すのは恥ずかしかったあの頃を思えばこれで良いと思うんです(o´ノωノ`o)


割高感の強いレギュラーメニューの中に味噌の姿は見えません。。味噌が美味いヤサイ増しラーメン、、期間限定で復活しないものか(´・ε・̥ˋ๑)


サイコロ角煮込み肉、、あっつぅメシさ乗せて喰いてぇなぁ(´□` )、、しかし辛味玉にまで「青森」は、、(^_^;)


メニュー通してただ思う、、ハイボールマン基準は全部そっから2割安(^_^;)


HRP(Highballman’s Ramen Point)20Point ⇒HRPランキング2019
スープポイント:☆☆☆☆★ え?味噌、、無いの??
麺ポイント  :☆☆☆☆☆ ジローラモはジローカモ
具材ポイント :☆☆☆☆★ 野菜は前衛
雰囲気ポイント:☆☆☆☆☆ 活気ありあり
値段ポイント :☆☆★★★ 890円(通常価格で評価)

いやいや、、前のイメージで行くとびっくりします。
なんだか洗練された都会的なラーメンに、、化けとりました(^o^)

野菜の旨味、シャモロックの旨味と津軽海峡の塩を溶かして作るカエシの味わい。。
これがなんとワンコイン500円!!、、、でもそれはオープン3日間だけッ、、普段は890円ッ!!(*_*)

うーん、、正直、、高い(^_^;)

良いもの使って美味いものをお客さんに届けたい、喜んでもらいたい。
それはわかる、、でもあともうちょい、せめてあと1割くらい安かったら行きやすい。。

トッピング次第だけども、、中心価格帯が1000円超えで、家族4人で5千円弱(;´Д`)

でももしかして実はこれ、今後のクーポン乱発前提の価格設定だったりして(;´∀`)
お得感を演出するための有名無実、、いわゆるメーカー希望小売価格みたいなアレなのかも、、

この辺じゃ食べれない味わいにしばらくは混み合いそう、落ち着いたあたりにまた行きます。。
ごちそうさまでした\(^o^)/


<濃厚青森タンメン ふたごや>
営業時間: 10:00~16:00
定休日:水曜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA