インディ桂木 煮込みチャンプル焼きチーズカリーにハマるおじさん急増中

「おーいハイボールマン、メシ行くぞっ♪」

いつものように突然にハイボをランチに誘う、若き中年実業家S。

ハイボ「、、何系?、煮干し?トンコツ?それともくめちゃん?」

実業家「うーん、気分はしょっぺーやづだばって、、ラーメンじゃなくても今日は別に全然OKだやー」

ハイボ「、、うん、でもほら、ね?、気付いてないだけでホントはラーメン気分とかってもあるわけだし、二郎とかヤマモリとかくめちゃんとか、、ね?ね?」

実業家「うーん、じゃあカレーだな、カレー喰いたい」

ハイボ「え?だってほら、青森だったらほらくめty…」実「カレー喰いたい」

、、ぐぬぬ、ぐぬぬぬ、グヌン・ムル国立公園、、もうこうなったらしょうがない、カレーな店に案内するしか彼の気持ちを繋ぎ止める術はない。

ハイボが思うカレーと言えばのあの店に、食べ歩き系おじさんズは今日もラブラ、いや違ったブラブラ食べ歩くっ♡ꈍ .̮ ꈍ


中に入るのはかれこれ10年以上ぶりのハイボールマン、カレーだけにかれこれなんつってッ!( ・ิϖ・ิ)


オヒトリサマ男性率の高いことにビックリ、こんなオシャレな店に一人で入れるオトナにいつかはなりたいもんです


バカと煙とハイボールマンは高いところがだーいすき、一段上がったコッチの席で今日も恐悦至極にえふりこぐのがだーいすきっ( “᷄⌢̻”᷅ )


ルールオブIndyを熟読するおじさんズ、、見慣れない言葉の羅列にもう時間がかかることったらもう(^^;;


目玉焼きにサラダも付いてるってことは要するに東京のOLがおちょぼ口で喰ってるやつだべ( ╹ਊ╹)


最近アンチエイジングが気になるハイボはルイボスティーローズに目が行きがち


森の奥底でぐつぐつ鍋を煮る魔女、最新の研究ではスパイスカレー作ってるだけっていう新説も(諸説有り)


お通しでーす、、違います、カレーのお供です


オシャレ空間でコノサイダカラ系のトランス状態、、煮込みチャンプル焼きチーズカリー¥1,485に辛口¥33、さらにご飯大盛り¥110と、今世紀最大の大盤振る舞いおじさん(;´Д`A


友「この飯、なんか混ざってらなぁ」、、ハイボ「ふふん、それはターメリックてのが混ざっているのだ、ふふん」、、友「ターメリックてなんだば?」、、ハイボ「だからそれはねえーっとえっと(;´д`)」


ルウとライスが別に来るタイプのカレーの正しいお食べ方、まだちゃんと知らないハイボはとりあえず満開のドヤ顔を( •́ ⍨ •̀)


わがるがなぁ、この溶けたチーズがデローンてしてるこの感じ、、伝わるがなぁ、最初っから重力に逆らう気のない柴犬体質なこの感じ( ་ ⍸ ་ )


このホロッホロっぷり、、普通はフリルエプロンの専業主婦が鼻歌まじりに丸一日キャピキャピコトコトして作るやづ


正解なんてない、嫌われることだってあるさ、生きてんだもん、、だからってわけじゃないけど取り敢えず全部かけちゃおう( ་ − ་ )ུ


やーかなかリシャスだわい、、すなわち略してindy


おまけ①〜オーダールールとスープカレーいや違ったスープカリー


おまけ②〜各種カレーいや違った各種カリーにトッピング


おまけ③〜ドリンク、デザート、季節の限定


カリーパンがカトパンに見えちゃうハイボは大変態


「青森でウマイカレーを喰いたいだって?、はい、インディ桂木ですね、案内します」

ここで初めて喰ったのがおよそ15年前。

次に喰ったのがたぶん14年くらい前。

思えば遠くに来たもんだ。

十何年も喰わないうちにハイボもうこんなオジサンになっちゃったよ。

いや待てよ、喰ってなかったからこれほどまでのオジサンになっちゃったのか。

インディ桂木を喰わずに死んだらアッチ行ってもカレーを語る資格なし、、今すぐ喰おう、ハイボみたいになっちゃう前に。

今月の標語ができたところでまた次回、、ごちそうさまでした( ・ิϖ・ิ)


インディ桂木
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜22:00(土日は通し営業)
定休日:水曜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA