弘前 ながれぼしの期間限定「星二郎」は煮干じゃなくて二郎系

女子学生に聞く「彼氏にしたい名前ランキング2020」、ついに結果発表!

第3位、、、将暉!(121,428票)
「芝居も出来て歌声もイケメンそう」
「チャーミングな笑顔そう」
「アンニュイとにかくアンニュイそう」

第2位・・・涼真!(149,336票)
「サッカーとか上手そう」
「身長でっかい割に頭小さそう」
「日曜劇場で重宝されそう」

そして映えある第1位はー、、、デゲデゲデゲデゲデゲ、、

第1位・・・二郎(8,220,351票)
「にんにく」
「もやし」
「ましまし」

今年も納得のランキング結果でしたねー、どうですかコメンテーターのハイボさん?

ハイボールマン「えっとヒロサキ、ヒロサキ、、行かなきゃ」

ん?どしたんですかハイボさん?、え、え、どこ行くんですかハイボさん、ハイボさーん!!?

ハイボールマン「ながれぼし、、ながれぼし、、ブツブツ、ブツブツ、、」

移り変わる世の中で、いつまでも変わらないものがある、、男のヤマモリに対する情念の炎は今日もメラメラ燃え盛るッ!( ✧Д✧)


片道1時間の道のりだって目新しいモノ喰うためだったらヘッチャラさ!ていうワンパクハイボールマンが来ましたよっと(*′☉.̫☉)ノ


風除室内に構えた券売機、いつもならぐぬぐぬ立ちすくむハイボも今日は一人でできるもん(´*◞౪◟*`✿)


その料理の名前は「星二郎」、だけど写真のドンブリには「☆☆郎」、、えっとこれだば前身店の読み方から倣えば「”にぼし”郎」、、てことはもはや「にぼ四郎」?、、だけどそれだばもはや二郎の弟っぽくなっちゃってるししかも「※煮干し味ではございません」とも書いてるし、、「☆×2郎」ならギリ「ホシジロウ」なれど、、、結果ぐぬぐぬ立ち尽くす´д` ;


『揃えよう 二つの紙の 営業時間』、詠人知ラズ


ガラリと開け入るハイボールマン、、聞こえないイラッシャイ、、アノッと食券を渡すハイボ、、無言で受け取る店主、、聞かれないマシコール、、アノッヤサイニンニクマシデと伝えるハイボ、、やさいにんにく・・と呟く店主、、ハイボはぐぬっと立ち尽くす


なしてコショーが3つもあるんずやぁ?、、と思ったら丸い帽子被った奴は魚粉だったとさ、ギャフン(|||O⌓O;)


「ハイドーゾー」が聞こえたらカウンター上部の窓から受け取って自分の卓へ、こぼした時は自己責任྆ ืོ८ู ืོঊ


ふむなるほど、見た目はたしかにアレ系インスパイアのまさにソレ、、果たして、、?(ꀀꎁꀀ)


通常ヤサイは300g、それがマシになると何gかはさておきヤサイマシニンニクマシの見た目はこのぐらい


直径短かめ角度キツメの逆三角形のドンブリは、標高が高くなって見栄えはしてもボロボロ下に落ちちゃうし下から麺も取り出しづらいしヒックリガエシもやりづらいしで、ジロー系にとって入れちゃいけない器の代表格


広告画像に比べると薄い色したセアブラ、、色つけ過ぎてしょっぱいヤツよりもハイボは断然コッチ派(๑-ิ ‸-ิ๑)


一般的に見れば極太ガシガシチヂレ麺、、くめ○ゃんが米津玄師だとしたら、たぶんこれは野比のび太


標準だとブタは一枚のみ、だけどせっかく弘前来たしーガソリン一杯使ってるしー給料もらったばっかだしーなんか明日はいいことありそうな予感だしー、、てことで追加ブタ一枚100円也


いつ何時もやらなきゃいけないヒックリガエシがある、、人生で大事なことは全てアントニオが教えてくれた(m9 ^ิ౪^ิ)


今日は特別な夜、タキシードに身を包んでフレンチディナーで楽しむワイン、ふと視界に入った黒コショー、、、次に気付いた時は何でもかんでもにブラペ降って踊ってたんだ、、って夜がいつか来そうで怖い


こんなんばっか喰ってる父を娘はどう見るだろう?、、だなんて片隅も思ってないっ♪(۶்ิ▿்ิ)۶่่


合うか合わないかじゃない、、そこにあるものを入れないほどハイボは人間できちゃいないのよξξ´◉◞౪◟◉ξξ


結論からいうとスープの油をぜーんぶ吸っちゃって、、合ーわーないよー꒰*ゝω・꒱ノ″


二郎系を謳うお店で最初に穴開きレンゲを出したら健康志向層にはウケるかも、、でもそんな層はそもそも来ないξ(΄◞۝◟‵)ξ


こーゆー残り汁を観葉植物にあげたら枯れるのか、それともめっちゃ太るのか、、て考えちゃう人はハイボ側の人間ˁ ¨̫͌ ˀ


義務だからやるんじゃない、それが当たり前だからやるだけだ、、てことで食べた後は返却口へオナシャス


前回は一つ手前の某銀行に停めてしまったハイボールマン、正しくは店に向かって右側の細いトコ入った奥だよ気をつけようꆤॄꆤ


HRP(Highballman’s Ramen Point)18point ⇒HRPランキング2020
スープ:☆☆☆☆★ 名は星二郎?☆☆郎?
麺  :☆☆☆☆★ ガツン未満
具材 :☆☆☆☆★ レベル4ぐらい
雰囲気:☆☆★★★ ☆減らす対応が惜しい
値段感:☆☆☆☆★ 並800円+ブタ増し100円

「星は流れてどこどこ行くの?教えてあげよう、星は流れて二郎になるの」

前身店「中華そば☆☆(にぼし)」からの移転再出発を果たした「ながれぼし」。
煮干しラーメン専門店として着実にそのファン層を増やし、またそのちょっとだけぶっきらぼうな接客がときどき物議を醸す同店。

「おっふ、たしかにちょっと無愛想、だけど常連/友達が来た時は私語全開♪」
それが自分以外の接遇に煩いハイボールマンの正直な感想。

まあ人間ですもの、気分がオモテに出ちゃうことだって不思議じゃないし誤解されやすい人っても確かにいるでしょう。
でもこんだけ外食だらけのハイボなんかは思うんだ。

客が入店したときの鉄板フレーズ「いらっしゃい」、、それって「こんにちは」「ありがとう」「ごめんなさい」と同じくらいの日常的挨拶なんじゃないか、、義務でも権利でもない当たり前の社会常識なんじゃないか、、って(;´Д`)

厨房で背中向けたままの店主に食券持って立ち尽くすその何も生み出さない空白の5秒間、、さらに「あれっ?、営業時間内だよね、ノレンだって出てるし券売機だって動いてるし、えっとこれ今どういう状況!?」ていう無駄な逡巡、、勇気を出して「、あ、あのぅ」と声を掛け食券渡すもマシ確認なしに身を翻す店主の背中に「あのっ、ヤサイとニンニク、マシでぇっ」て伝える珍しいオーダー方法。。

あぁきっと物静かな人なのね、二郎系ならではのマシコールにもたぶん慣れてないだけなのね、そっかそっかそれならまあしょうがないか、、と思い始めたその直後に入店した一人のお客。

するとまるで人が変わったようにペチャクチャ話しまくる店主とそのお客。
あぁ、常連もしくは友達だねこの感じ。

おっふ、ハイボまだここにいるよー?ここ今二人っきりだけの空間じゃないよー?普通に食券出してラーメン待ってる非常連がここにいるよー?、デッカイ声での内輪話だなんて他人にしたら居心地悪いだけだよー?(;´Д`)

ありゃりゃ肝心の味うんぬんの前にこんな長文になっちゃったところで、ごきげんようまた次回、、ごちそうさまでした(*●⁰ꈊ⁰●)ノ


ながれぼし
営業時間:11:00〜15:00(平日のみ夜テイクアウト営業)
定休日:月曜
駐車場:裏手に6台分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA