観光通りの新店 千のちゃんぽんで特製ちゃんぽんヤサイマシ

今日はひとつ、良いことがあった。

まったくその情報も掴んでなかったのに、だからまったくそんな気がなかったのに、だからまったく意識外のオッペケペーだったのに、、

なのに、、出遭ってしまったんだそう、新店にッ!(๑•̀o•́๑)۶

実のところ目指していたのは別の某ラーメン屋さん。

狙いはそこの某テイクアウト商品。

なのに、、視界に入ってきてしまったんだそう、新店がッ!٩(๑>∀<๑)۶

おっふ、あそこってたしか味千あったとこだでば。

味千ラーメンあらため「千のちゃんぽん」、?、、ふむふむなるほど。

ヒマラヤほどーのー、消しゴムひとーつー、楽しいーこーとーをー、沢山したーいー♪

かの名曲を口ずさみ、ハイボールマンは今日も元気に狩るよそう、新店をッ!(☝ ՞ਊ ՞)☝



愛(i)あるちゃんぽんこそチャンピオンだでば、ってわがるがなぁ?わがんねべなぁ?、って英検2級のハイボールマンが来ましたよっと♪


2号店となる青森観光通り店、ちなみに1号店は1,259km離れた熊本県、、だから織姫と彦星より近くて遠い


国民的休日のこの日はメチャ混み、風除室内でメニュー見ながらやや待機


ちなみにテーブル近くにメニューは見当たらないからここで写真とるか諦めるかの2つに一つ


カフェ風店内には4人テーブル×7、カウンターが8席だからキャパはあのそのえーっとえっと(;´Д`)


カウンターにはもちろん飛沫防止対策もしっかりと


おっふ、にんにぐねでば;(´◦ω◦`):


手前ハイボールマンの特製ちゃんぽん950円+野菜大盛トッピング110円、、奥、娘ハイボールガールの千のちゃんぽん780円


ハイボ「あのう、、もともと野菜増量の特製ちゃんぽんに、野菜大盛りって、、つけれます?(・・;)」、、店「てんちょー、たぶんこいつハイボでーす」、「ちっ違わないけど違うんです( ´•д•`; )」


特製ちゃんぽんは野菜デフォ量で550g、さらに野菜大盛りにすると+150g、てことは全部でえーっとえっとだからあのそのえーっとえっと;(´◦ω◦`):


スープは濃すぎず薄すぎずのマイルドな味、そのサラサラした粘度もあって、あれっ?野菜の水っ気出ちゃったんかな?って思ったのはココだけの話


「千のちゃんぽん」に卵が入ってキクラゲ入って野菜も150g増になって完成するのが特製ちゃんぽん、つまり17号と18号を取り込んだセルの喰えるやつ


高い標高こそ偉いと思ってるヤサイマシジャンキー達にとって、浅くて広いドンブリ形状は相性最悪


太めでコシのある触感が子供のウケも良さそうなザ・ちゃんぽん麺、もちろんアレ系のガシゴシ感ではありません( ˆ̑‵̮ˆ̑ )


干したクラゲに味が似てることから木に生えるクラゲの意味で名付けられたというキクラゲ、もちろん今グーグルで調べたっていう話


これはどう喰うのが正解なのか、白身が固まるまで?それともちょっとずつ絡めながら、、?


ウジウジ考えながら天地返しした結果、、やーいやい壊れだぁ( ´•௰•`)


黄身絡んだとこ食べたらちょっと幸せな気分になった( ˆ̑‵̮ˆ̑ )


だけど卵は諸刃の剣、時として必要以上に甘めになるのもまた事実、だから辛いの回し入れてみた( ˶´⚰︎`˵ )


定石ならきっとコショーで味を整えるところ、汗かきベソかきパンクロッカーは迷わず赤いの入れたがる( •̀ᴗ•́ )


今日のコレがいわゆるヤサイのマシマシ、てことは次はヤサイマシマシのマシマシのマシマシのうふふふふ(´▽`)


あらやだ、ぜったいアッチのドンブリのほうが、、カワイイ♪(੭ु ~ ω~ )੭ु⁾⁾


「どーぞお花いっぱい持ってってくださーい」「お嬢さんオジサンはね、花よりゼニなのよ」「てんちょーこいつ絶対ハイボっすー」


HRP(Highballman’s Ramen Point)
: 26 /35 point
 ⇒HRPランキング2021
スープ:☆☆☆☆☆★★:5 1,000のバイオリンベース
麺  :☆☆☆☆☆★★:5 ちゃんとちゃんぽん
具材 :☆☆☆☆☆☆★:6 ぽいぽいぽぴー
雰囲気:☆☆☆☆☆☆★:6 んだんだこいだ
値段感:☆☆☆☆★★★:4 950円+野菜大盛り110円

「味千拉麺跡地に現れた味千グループのちゃんぽん屋さん」

いつの間にやら閉まっていた味千ラーメン。

何回か行ったなぁ、メニューも豊富だし乳幼児連れでも安心できる小上がりもあって、混みすぎてるわけでもないから行きやすくて、それでいてよくも悪くもチェーンな味で、悪くなかったなぁ、、。
と思ってる人、たぶんいっぱい居るんじゃないかな、うん。

そしてその跡地にいつの間にやらオープンしていた新店「千のちゃんぽん」。

おっふ、なんだばその日本昔ばなしの1タイトルみたいな店名は。
で、ググってみた。

すると、どうやらここも味千グループが展開するブランドらしい。
そのデビューは2008年、幻の地鶏「天草大王」を使ったスープにどっさり野菜をウリに、熊本でその産声を上げたのが1号店。

そこからおよそ13年の月日が流れ、どういうわけかこんな雪降る田舎に出来た2号店。
味千ブランドほぼほぼ熊本にしかないのに、なんでまたこんなローソンファミマだらけの青森に。

ふむふむ、、ふむふむ、ふむ、、、うん、やっぱりなんぼ考えてもよくわからん、喰おう。

で、言葉のアレを恐れず言えば、想像通りの味と満足感だったのが正直な感想。
だからこれも言葉のソレを恐れず言うと、みんな一回喰ってみへ、っていう(^_^;)

語るなら、まずは自分の目と鼻と舌で。
きっとそれ以上にもそれ以下にもそれしかない、うん。

にしても千のちゃんぽん[青森観光通り亭]さん、オープンおめでとうございます。

いつか青森ならではの企画商品、たとえば熊本「天草大王」と青森「シャモロック」の食べ比べセット、いやくまもんとにゃんごすたーの潜水対決、いやいやWANIMAと人間椅子の対バン企画、、うーん夢はやっぱり果てしない、、、ごちそうさまでした(^o^)


千のちゃんぽん【青森観光通り亭】
営業時間:11:00〜22:00(LO21:30)
定休日:なし
Goto食事券:不可
駐車場:そりゃもういっぱい

観光通りの新店 千のちゃんぽんで特製ちゃんぽんヤサイマシ” に対して2件のコメントがあります。

  1. おのちゃん より:

    ♪忘~れられないの~(忘れられないのッ)
    味~千の味が~(味千の味がッ)クッサイかまりしてさ~
    ゴ~マを足したの~(足したの~ッ)、、、失礼しました。
    人はわがままです、そこにある時は気にも留めないのに(時には邪見にしたり)
    無くなった途端に「好きだったのに!」的な?青ハル的な?何であいつなの
    的な?俺はいつでも待ってるよ的な?このドロボー猫、信じてたのに!
    ウエッホンゲホンゲホン失礼しましたw。
    正直とんこつは熊本よりは博多系の方が好きな私です。
    しかし青森では異彩を放っていた「味千拉麺」、嫌いではありませんでした。
    おいらマジで28日の午後、多分14時前後通ったんスよ。
    「アッ味千変わってら!花あがってら、千のちゃんぽん?ッちゃんぽん?
    アッ、誰も居ねぇ!一台しか居ねッ。店の前さ店員立ってら、、、
    店員、、、キッチイなぁ~。」一切の宣伝なし(知らないだけ?)で勝負
    、明日行かせていただきます。
    へばおいらは特製に野菜、麺でプラスで+¥220で勝負!
    っておいら金持ってねはんでカミさんに要相談。(却下!by奥方!)www

    1. highballman より:

      おのちゃんさん、いつもコメントありがとうございます。

      おのちゃんさんの熱いメッセージへの返信に頭悩ませてたらもうこんなに時間がすぎていた、いや時間が過ぎすぎちゃったのかもしれません、っていうハイボールマンです(^o^;

      イトヨのリンガーハ○トと比べどうのこうのは正直わかりませんが、変なクセもない食べやすいちゃんぽんかな?って印象でした。

      「あーぁ、今度こそ行こうと思ってたのにぃ」
      「あーぁ、これもう絶対ウンメー、喰えなかったウンメー」
      とかならない内に是非おのちゃんさんもどうぞ♪(*´ω`*)

      ちなみに、しっかりものの奥様にはこう伝えたほうが良いかも知れません。
      「一生のお願いッ!」
      、、忘れっぽいハイボールマンがよく使う手です(;´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA