青森まちなかおんせんで汗を流す

休日の朝。

いつものようにギターを大音量でかき鳴らしていたところに、突然温泉への誘いが舞い込んだ。

「風呂さ行がない?たまには極楽じゃないとこー(‘Д’)」

なるほど、たまの休日にそれも、、悪ぐねぇ。。( ̄ー ̄)ニヤリ

風呂上がりからの煮干しラーメン、、悪ぐねぇ。。( ̄ー ̄)ニヤリ

ならどごさ行ぐがなぁ(。´・ω・)?

遠い所はメンドクサイしぃ、、

サウナなきゃイヤだしぃ、、

露天風呂も無いと寂しいなぁ、、

湯上りにはちょっとゴロゴロしたいよねぇ、、

、、、やっぱり今日も、、極楽、湯、、なの、、か…?(´Д`)

否!ここらでいっちょ変わらなきゃ、、足クサ汗ダク太郎の名がすたる!!

よし、2年ぶり位に駅前のアソコさ行ってみるがな。

恒例のお色気温泉旅シリーズ、、今回ポロリは?、ハラリは?‥!?、、乞うご期待!!(;´・ω・)


台風一過の青森は秋色がいよいよ増してきて、もうそんな季節なのねとハイボールマンはちょっぴり寂しがる(´ε` )


料金設定はほぼ極楽湯と一緒。。


家族風呂も設置されてるけど、あいにくこの日のスケジュールはスキマだらけ。。平日の朝なんてこんなもんだべね(^_^;)


広々と開放感にあふれる空間づくりを心がけました、、といった感じの大浴場。。それもあってか風呂場入った瞬間の、公衆浴場特有のあのムワッと感が少なく、人によってはちょっと肌寒しいかも(´・ω・`)


浴場内にある新町/本町周辺の散策MAP。。オジサンたちがフルチ○で地図を眺める光景は、なかなかにシュール₍₍ (̨̡ ‾᷄⌂‾᷅)̧̢ ₎₎


割と広めのメイン浴槽は寝湯と泡ブクブクも備えるもの。。うっすらガラス越しに見えるセクシーポーズのオジーチャン、、見えそで見えない罪なやつ(*´∀`)


寝湯と言えど、、ほんとに寝たらあきまへん、、死ぬど(-ε-〃)b゙


おとーさん、そこは子ども風呂だよー


個人用サウナマットは嬉しいサービス。。どっかのかっぱの湯なんて常にビッチョビチョ_:(´ཀ`」 ∠):


サウナも広々してていい感じ♪ちなみにハシッコからはテレビはほとんど見えません♪


水風呂と日替わり湯。。スカっとブルーのこの日、キツめのハッカ臭は鼻詰まりにも効能あり(゚∀゚d)


露天風呂もございますぅ(*´∀`)


おお、懐かしのケロリン桶。。少し調べると個人で買うこともできるみたい。恐るべしAmazon(´□` )


謎のゆるキャラ、、名前はなんだべ、、あおもりまちなかおんせん君だべな、間違いない(´ε` )


無料休憩所でゆっくりうたた寝ることも可能。。その気になれば布団持ち込んでガチ寝ることも可能、、その気になれば、、ね(´σ `)


小腹がすいても安心のお食事処「ふる河亭」。。割と豊富なメニュー群で機会があれば利用したいところ(*´∀`)


カットサロンもあって、ますます極楽湯と同じだべなぁ。。永遠のスポーツ刈り中年ハイボールマン、床屋にこだわり一切なし(゚∀゚)


24時間年中無休は立体駐車場のハナシ。。温泉利用者3時間無料は駅前信奉者にとってはありがたいサービス。


オマケ~ビル内案内図。。そう言えば某ラーメン屋さんもこの中に移ってきたんだっけ、、駐車場問題も解決しつつ風呂上がりにラーメンを、って、、なるほど良く考えてらっしゃる(*´∀`)


<青森まちなかおんせん>
営業時間: 6:00~23:00
定休日:なし
HP:https://aomori.atinnhotels.com/onsen.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA