寒いしちょっと今から西中華そばで濃い中華そば喰ってくる

気の置けない旧友たちと市内ランチに出かけることになった、とある日のハイボールマン。

(黒石在住)T「青森だばどごのラーメンがメんだばぁ?」

(浪岡在住)S「ハイボ、どっかねんだがメーどごぉ」

(青森在住)ハ「んだなぁ、せば逆に聞ぐばって何系のラーメンだばいいんず?」

T「なんでもメばいいやぁ」

S「ハイボ、どっかねんだがメーどごぉ」

ハ「んだなぁ、せばクメチャンとかどんだば?」

T「あー、そここないだSと行ったぁ、ハイボ抜きで、2人きりで」

S「ハイボ、どっかねんだがメーどごぉ」

ハ「えっと、、え?、あ、うん、、え?、、、、じゃあんまり他で見れないような煮干しとかは?、こっから近いし」

T「いいでば、やれば出来るでばなハイボ、じゃあしょうがないから3人でいくか」

S「ハイボぉ、ハイボぉ、、どっかねんだがハイボぉ」

ハ「、、、。。」

仲良しオジサン3人組がこの日仲良く手つないで向かったのは、青森市中央のあの店でした(*´∀`*)


近くに停めたパーキングの駐車チケットをまるで我が子のように抱えたハイボールマンがふらふら西中華そばに来ましたよっと(((◞( ・ิ౪・ิ)◟


35歳以上で学生でもなくてマカナイ目当て、そんなハイボをバイトにいかがでしょう?( ̄ー ̄)ニヤリ


大変なことになるという近隣への路上駐車、、あさ利の11番駐車場への無断駐車とどっちが大変か、どっかの知らない誰かで試したい(○ ⚈ ◡ ⚈ ○)


ガラッと開けたら中は全席埋まりしかも待ち客ありの超満員、外で待機する間にメニューを選ぶムダのない動きこそハイボが勝ち続ける理由(ꀀꎁꀀ)


大人になったらビール飲んでニラソバ喰ってる人になるのが夢なんです(≖` _̆ ′≖⑉)


ようやく中に入ったぜ、外の風めっちゃ寒かったぜ、明日天気になぁれだぜ(´ゝ౪◔`)


小上がりなのに誰一人としてゴロンしてないのはつまり日本人は我慢強いってこと(´ . .̫ . `)


「濃い中華とザーサイ丼のミニでオナシャス」、よかった噛まずに言えた(´*◞౪◟*`✿)


ネギマシのチャーシューマシ?、、はい違います、これは濃い中華ゼンブフツー、恐るべしサービス精神を具現化したもの


大盛はできないもののデフォ麺量はしっかり多めでチャーシューも強気の4枚、なのにこれで税込600円((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


、、ッ!、、こ、こんなヌルかったべなぁ、それに前はもっとドッロドロだったようなえーっと、、なるほどこれが思い出の美化ってやつなのね(`ڼ´)


茹で加減といい配合加減といい量といい、その独特なスープにベストマッチする自家製麺は喰っててニヤける(; ≖´◞۝◟≖`)


最後までチャーシュートッピングをぐぬぬしたこの日のハイボールマン、、だけどお楽しみは次に回すことこそ長続きする付き合い方の秘訣なの(::´º◞౪◟º`::)


明らかに沁みまくってる色したメンマ、実写ドラマやるならキャストは柄本明で間違いない(*✧×✧*)


辛子ザーサイ丼¥150はミニサイズにすると¥50off、ほんと最近めっきり喰えなくなったハイボにとってはありがたシステム


オツレサマの通常量ライスとの比較、、なるほどミニでほんとにちょーどいい(((; ఠ ਉ ఠ))


かつての大麻同様、マヨネーズが規制される世界になったら人類は終わると思う(﹡ꑓ ︿ ꑓ`﹡)


手前から、辛いの、辛いの、辛イイの


はいはい認める認める、ハイボールマンはブラックペッパーの中毒です(。・ˇ⊆ˇ・。)


遠目の細目で見ると、、どうですか、目玉焼きに見えませんか?、、見えませんか、そーですか(-。-;


HRP(Highballman’s Ramen Point)23point ⇒HRPランキング2020
スープ:☆☆☆☆★ 似てる味は探せない
麺  :☆☆☆☆☆ 四季折々もちもちよ
具材 :☆☆☆☆☆ 中坊も中年も
雰囲気:☆☆☆☆★ カーパーキングも怖くない
値段感:☆☆☆☆☆ 600円+ミニ辛子ザーサイ丼100円

「北へ南へ東へ西へと歌ったブッツァンも恋する濃い中華の西中華」

青森煮干し界最高粘度、そう、西中華そばといえばそのドロッドロスープがまず浮かぶ。

シャバじゃなければトロンでもない、文字通りのドロッドロ。
スープ表面がヌタヌタ波打ち、麺をつまむハシからもズイッと伝わる抵抗感。

そしてそこに合わせる全粒粉な自家製中太ストレート麺。
歯応え良し、風味よし、ボリューム良しの三拍子。
旨いからもっと食べたい、だけどこの量でいい、この量がいい。
それでも食べたい大盛厨はもう一杯を注文しよう、そうしよう。

さらにそれらに乗っかってくる具材に感じるサービス精神も特筆モノ。
既製品を切っただけーな手抜き具材ならいざしらず、こんな高レベルな自家製チャーシューなんかがどさっと乗っかってくるなんて、、

あれ?、ハイボいつの間にか寝ちゃってた?、だってこれってふつーに夢だもんね、インザドリームにステイステイドリームだもんね、、て思ってしまうのも仕方がない。

そして忘れちゃいけない鬼のコストパフォーマンス。
こんだけ美味いものを腹一杯喰っても600円、さらにライスやミニザーサイ丼頼んでもプラス100円で計700円。

たいした料理でもないのに期間限定やゲリラ限定の名の下に1000円近く取るような店も多い中、西中華そばのこの姿勢は感動にうち震えてしまうぐらいの話。

うーん、久々に喰ったけどやっぱりやるでば西中華そば。
そして願わくば、、そろそろ意表を突いた限定メニューも見てみたい、ていうのは欲しがり過ぎでバチが当たっちゃうなきっと、うん、、ごちそうさまでした(; ≖´◞۝◟≖`)


西中華そば
営業時間:11:00〜14:00
定休日:不定
駐車場:なし※近くのパーキング券で味玉サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA