藤崎 宝来軒で味噌納豆ラーメンにモヤシマシかつ小ライス

年の終わりの祭りがやってくる。

ズドドド走る馬さんに、夢とお金と情熱を賭けるあの日が今年もやってくる。

あるものにとっては喜劇、だがあるものにとっては悲劇、、泣く子も黙るグランプリ、有馬記念。

クロノジェネシスかフィエールマンか、はたまたワールドプレミアかライラックか、、うーんもうなにがなんだかわかんなーい、誰かサイコロもってきてー、16面あるサイコロもってきてー!、馬連で買うから2個買ってきてー!、いや3連単で行くから3個買ってきてー!って人が世に溢れる、有馬記念。

その日のコンビニは朝早くからスポーツ新聞が消えるという。

その日は朝早くから15時半くらいまで街から人が消えるという。

普段まったく博打をやらないハイボールマンも、今年は重い腰あげてついに一念発起、、競馬に詳しい友人Hに相談した。

ハイボ「ケーバおせーて」

友人H「いーよ、とりまホーライケンなー」

ハイボ「ワリカンなー」

友人H「チャーハンもなー」

ハイボ「ワリカンなー」

、、これはそんなハイボールマンの有馬記念前日譚。


苦しくったって悲しくたってコートの中はマッパなの、そんなダスキンマンってこの時期なにしてんだべなと考え悩むハイボがラーメン喰いに来ましたよっと(((◞( ・ิ౪・ิ)◟


昼時だしきっと混んでるべなぁ、っていう予想が当たったハイボは有馬記念も頑張るぞう♪( ꒪﹃ ꒪)


青い森の国からやってきた畳の上のポニョがまんまるおなかでパークパクチュギュッ(˼●̙̂ ̟ ̟̎ ̟ ̘●̂˻)


ミソを軸に納豆で流すか、それともバターで流すか、、悩み震えてもこのメニューをウチワ代わりにしたら怒るかんねッ!(≖` _̆ ′≖⑉)


、、、、も、もやし大盛り!?、そ、それってつまりヤサイマシ、てことはつまり、、ッ、(*´Д`)ハァハァゴクリ


わんぱく真っ盛りなオツレサマはチャーハンと味噌ラーメンの2人前オーダー、喰えるのも凄いが払えるのも凄い(;´Д`)


ハイボ「味噌納豆にモヤシ大盛って、出来ますぅ?(;´Д`)」、店員さん「あっはい大丈夫ですよー」、ハ「(´、ゝ`)ニヤリ」、店「(●´,_ゝ`)ニヤリ」


なかなかだでばモヤシ大盛りのビジュアルインパクト、オーストラリアのあのえっと観光地のえっと岩のあのえっと、、アレみたい(´*◞౪◟*`✿)


納豆にネギ、それってハイボ世代以上にとって絶対解


納豆がある、ネギもある、それに味噌汁みたいなやつもある、、あとは白米あれば完成だべさそーだべさ(::´º◞౪◟º`::)


、、全集中、納豆の呼吸710の型、、プガプガ吐息ッ!(*´◉◞ρ◟◉)σ


カップラにも納豆入れまくるような男がいたんだとか、、ん?なんだい鏡の中の自分、ハイボになにか用ですか(((; ఠ ਉ ఠ))


深いコクと芳醇な香りと程よいショッパミ、その赤味噌スープ絶妙につき(﹡ꑓ ︿ ꑓ`﹡)


互いに発酵食品、バランスが壊れるハズがない、、てことはこれにヨーグルトとかチーズとか日本酒とかブチ込んでもきっと(((;◔ᴗ◔;)))


モヤシが一本、モヤシが二本、、眠れない夜にはやっぱり二郎がイチバン!ていう病気持ちも納得の量꒰ ´͈ω`͈꒱


目に見えるものすべてが具材、まさに海◞( 、*´▿`)、


「天地返しじゃあ!」「あっお客さんここそーゆー店じゃ」「えっあっ、えっ(;´Д`)」


目を閉じて想像してみる、この麺がもし素麺みたいなやつだったら、もし十割そばだったら、、おっふ、言葉も出ねぇ(;^ω^)


何を入れても正解なら、きっと何も入れないのもまた正解、どっちも正解なら少ないよりも多い方、つまりホイドは入れる方にただ傾く


赤いの入りまーす、んでいっぱい汗かきまーす


白いのも入りまーす、んでクチクサマンに変身しまーす


胃の中に全部放り込みまーす、んで午後も寝ないように頑張りまーす


さーて年納めは何喰うがなぁ、そしたら元旦はどこで何喰うがなぁ


HRP(Highballman’s Ramen Point)21point ⇒HRPランキング2020
スープ:☆☆☆☆★ ほう、やるでばな
麺  :☆☆☆☆★ ラーに麺が付いて拉麺に
具材 :☆☆☆☆☆ いやもう最高
雰囲気:☆☆☆☆★ 健康第一納豆万歳
値段感:☆☆☆☆★ 770円+もやし大盛り70円+小ライス120円

「チャーハンめぇんだど、いや味噌ラーメンだべさ、それらがコンニャロしない店」

世の料理人が口を揃えて言ってたあの言葉。
「うん、味噌と納豆はケンカしないんですよ、やっぱり互いに発酵食品ですからー」

オイオイほんとかよ、なんぼ合うっつっても限度ってものが、、アッ、ホンマヤー、、ていうお約束の感想が待っていた宝来軒の納豆味噌ラーメン。
しかも想像してた以上に美味しくまとまってて、あらためて納豆の万能っぷり、繋ぎの凄さをまざまざと見せつけられたかのようで。

まさに食材界のウィーアーザワールド、冷蔵庫の中の第九歓喜の歌、、納豆マジパネオソルベシ。

しかも、「それ」出来ることを知ったハイボがビビり震えた、もやし大盛りトッピング。

まぶたの裏に焼き付くヤマモリヤサイ、寝ても覚めてもヤマモリヤサイ、そうよ僕もあなたもヤマモリヤサイ、そんな中毒者たちにとってのマリア像ヤマモリヤサイがたったの70円で叶うだなんて、、

もはや筆舌に尽くしがたい、モヤシマジパネオソルベシ。

そんな納豆とヤマモリヤサイが生きるのもやはりベースの堅牢さがあってこそ。
赤味噌スープのブレない美味さはこんだけのヤサイが乗っても薄味になる事もなく、またまるで5GHz帯のごとく具材たちとの干渉なく混ざり合うしっかり喉越しのクマサン麺。

それらが口の中で混ざり合って溶け合って、ただ口から漏れる「めぇ」の一言。

最高だでば、、ってか白いご飯に黄色いオシンコ、ネギの乗った納豆にワカメの入った赤味噌スープ、、こりゃもう立派に古き良き時代の朝食だでばッ!?、、しかもこれに焼き魚代わりの魚粉混ぜたらもはやオールウェイズ3丁目のハイボだでばッ!(;゜0゜)

よかったよかった、日本に古くから伝わる朝ごはん食ったんだもん、これで健康にならない方がどーかしてるな、うん。

次行ったらモヤシのマシマシ頼んでみよう、卓上のニンニクもたっぷり入れて、背脂がわりにバターを入れよう。
出来るかどうかも大事なことだけど、ただ妄想するのも楽しいもんね( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

だから、また行くねありがとう、今日もうまかったよ宝来軒。

ちなみに、この記事を書いてる今は有馬記念終了直後。
そこには涙を堪え震える手を抑えるハイボがいましたよっと、、ごちそうさまでした( ;´Д`)


宝来軒
営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜
駐車場:いっぱい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA