弘前に新店 というより移転のやずやで煮干しチャーシュー

浪岡に住む知人が今でもときどき呟く一言がある。

「やずや、、好きだったのになぁ」

~説明しよう、やずやとは~
浪岡マックスバリュ、もとい浪岡ビッグのテナントに店を構え、煮干しラーメンから味噌ラーメン、二郎系から台湾ラーメンにいたるまで幅広いメニューを提供していたが今年5月に惜しまれつつも閉店した店のことである。

「やずや、、おぉやずや」
、、けやぐ、気持ちは分かるが、、そーだハイボが違うトコ連れてってやるから(;´Д`)

「やずや、、どうして僕の前からいなくなってしまったんだ」
、、けやぐ、いやそもそも居なくなるっていうかその、店だし、、いろんな事情とかほら、、(;´Д`)

「やずや、、こんなに愛していたのに」
、、えっと、、けやぐ、、?

「やずや、、どーしてアナタはやずやだの?」
、、おーい、もしもーし(・・;)

「やずやなんだずや、ウヒッ」
、、、。

、、そんなやずや、聞くとどうやら弘前に復活移転オープンを果たしたらしく、場所は弘前、城東TSUTAYAをユニバース方向へ曲がってハッピードラッグ左手前のあの辺りなんだとか。。

数年ぶりの年末年始の長期休暇を余し続けるハイボールマン、まずはけやぐに知らせず行ってみた(*´,_ゝ`)


広めの駐車場はずっと日陰だからか凍りっぷりが半端なく、道路よりもツルッツルだから気をつけて(m-_-)m


浪岡ビッグにあった時とだいたい同じか、、煮干中華と無印中華の違いは前者こいくちで後者があっさり(*^^*)


店内にはウェイティングスペースとして2つの椅子、、それでも入りきれない場合には車で待っててシステムも導入されてます(*´∀`)


入ってすぐにはカウンターが6席、、


そして奥には小上がりも3卓あり、この他テーブル席が2つほど


一味唐辛子が怪物くんなら、黒コショーがドラキュラで、白コショーがフランケンで、、オオカミ男はえーっとえっと(;´Д`)


先に配膳されたのはオツレサマご注文の味噌ラーメン


プ~ンと香るにんにく臭にニヤケてしまう、、先生、やっぱり僕は病気でしょうか?(;´Д`)


男のガッツリコッテリ早死にラーメン、男の煮干チャーシュー950円っ!!(´、ゝ`)


全く麺が見えないほどのドブ色スープと重なりあうデッカイ肉、、ネギがあるからこそギリセーフ


「コレハ、ガンジス川、デスカ?」「バガダナコノ!、まろやかでコクもあるとっても美味いニボシツユだでば」


固茹でっぽいゴワゴワ麺、、この味どこかで、、?、、はて?、、と思ったらひらこ屋?、それもきぼしじゃないほーの新城のほーの


「チャーシューがしっとり」≠「長州がうっとり」


おっ、ハイボールマンが愛してやまない角材メンマ♪、、極太までいかなくても長渕ならまず殺られるでしょう


①チャーシューを広げ、、②ひとつまみした麺を中心部分に置きます、、③メンマやお好みでネギも入れましょう、、④隠し味にブラックペッパーをまぶして、、⑤くるくる巻いたら、、


ハイボールマンのフザケ巻きの出来上がり♪、、上沼恵美○や栗原心○の座もこれで、、( ✧Д✧) カッ!!


ご家庭で出来る調味料を使った隈取の書き方講座、、どうも講師のハイボールマンです( ´゚,_ゝ゚)


並サイズでも麺量は多め、、隣の初老カップルは余裕で残してらっしゃいました(;´Д`)


ハッピードラッグ側から見たらこんな感じに見えるこの立地、、ちなみにハイボールマンは行き過ぎました(;´Д`)


HRP(Highballman’s Ramen Point)21Point ⇒HRPランキング2019
スープ:☆☆☆☆☆ やだっ美味しい
麺  :☆☆☆☆★ 大好きなやづ
具材 :☆☆☆☆☆ 楽さんもびっくり
雰囲気:☆☆☆☆★ 輩多かったのはなんでだろう
値段感:☆☆☆★★ 950円

あらー、、美味いじゃないかぁ、、これ(*´∀`)
今じゃ県内どこにでもありふれた感のある濃口ニボシのなかでも上位に入るんじゃないかな、これ(*´∀`)

魚粉まみれのギラギラスープも見た目のドギツサよりずっと飲みやすいし、麺の風味歯ごたえノドゴシも申し分なし。
チャーシューもサイズはデカイし厚みもまあまあ、それでいて食べても柔らかいっていうのは肉食系高脂血な我々世代にもとっても嬉しい(^o^)

こんだけモノが良いと、楽しみたくなるのがトッピングの妙。
山盛りネギのネギ爆弾もいいし、辛玉乗せての味変もまた試してみたい。
流行りの和え玉だったりも間違いなさそうだし、、個人的にはまだ聞いたことありそうで聞いたこと無いやつ、、たとえば「味噌カレー牛乳ニボシ!」な飛び道具も話のネタに喰ってみたい(;´Д`)

しかし、、あっさりとコッテリはまあよく見るけど(中には大勝軒の中濃やキボシのにはちぼしとかはあるにせよ)、ニボシの濃さを自由に選べるシステムてあんまり見ない。。

たとえば、、誰でも知ってる有名店「あ○利」のネギラーメンなんかはメニューとしたらソレ一択なわけで、それがオーダー時点でヨンブンノイチー!、とかニブンノイチ-!、とかやってるワケで。。

たとえば、、「トンコツ4のニボシ6!」とか「トンコツ1のニボシ8に辛味1!」とかやったとしたら、、、手間だな、、なるほどやめとくか(;´Д`)ハァハァ

でももしそれが「黄金比は2:4:4だ!」「いやいや5:2:3だ!」なーんてネットでバズったりしたその日にゃ、、(゚A゚;)ゴクリ
誰だって自分の好みを他人に知ってもらいたい、その欲求をコチョコチョしてあげるだけ。
消費者サイドが自分たちでムーブメントを起こした時のエネルギーてスゴイし、そーゆー背景ある店ってやっぱり強い。

、、、よし!年末ジャンボで新店造ったら自分で、、(゚A゚;)ゴクリ

とまあ、ちょっと早いハイボールマンの初夢はおいといて、、やずやの「煮干し中華そば」はとっても美味しいラーメンでした。
ごちそうさまでした(*^^*)


<味匠やずや>
営業時間:11:00-15:00
定休日:月曜

弘前に新店 というより移転のやずやで煮干しチャーシュー” に対して1件のコメントがあります。

  1. ひろ より:

    やずやはいろんな処、店を出しては、畳んでます。最初名前を知ったのが平賀ドームでの平賀フェスティバルでJ系ラーメンとして、出してましたが、くめちゃんと比べるとかなり完成度が低かった。これはくめちゃんにも話してしまいました。その後弘前の井上家のとなりに味噌ラーメン専門店だしたり。あと、ここでは書けないこともあります。

    1. highballman より:

      ひろさんこんにちは、いつもコメントありがとうございます(^o^)

      J系ラーメンはもしかしたら浪岡時代に食べたアレの原型なのかもしれませんね、、
      完成度って部分については今日の所はノーコメントということで(;´Д`)

      ちなみにハイボールマンが初めてその名前を聞いたのは黒石での営業を終えた時かな?
      もしかしたらひろさんの言う「ココで書けないこと」かも知れないので、えっとまあこの辺で、、(;´Д`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA