フォトジェニックなストラトはラージヘッドのバーガンディミスト

知らない人から見たらさっぱり意味不明な本投稿のタイトル(;´Д`)

まあつまり「PhotogenicていうメーカーのStratocasterていうギターで、ヘッド形状がLargeheadで色がBurgundymist」ていう、、ん?まだ分かりづらい?

んーとまーいーや「エロカッコイイギター」ってことで、、

んでこのギター、実はとある友人から託されたハイボールマン。

友「ハイボールマン、しばらくギター預かってけねべがぁ?」

ハ「えー、ウチも増えすぎたギターだらけでハイボ肩身めっちゃ狭いんですけどー」

友「好きなようにイジり倒していいからさっ、ねっ、酒飲み界の山○達也っ♪」

ハ「それまねやづだでば」

友「えーじゃあ草な・・」ハ「それもまねやづだでば」

実際にモノ見たハイボールマンが「おっふ思ってた以上にグッとくるやづだでば、こりゃこのまま借りパクしてまれウッシッシ」と思ったかどうかは、、ひーみーつッ!(*´∀`*)


なんともいえないこのシルエットこそディスイズエレキギター、ストラトキャスターのカッコ良さなんだよなあ(゚∀゚)


伝統的なストラトのコントロール配置はこれまで何十年も変わらず、いやこの先もたぶん世界が滅びるまでこのまんま変わんないだろうレガシー


本家のバーガンディを見たことないハイボにとって、コレはマジモンのバーガンディっすマジパネェっす


ピンクのようで紫のようなそれでいて可憐な乙女の恋心をしたオカマちゃんみたいな、、ハッ、ギターとの出会いはやっぱり感性の閃きだでば(;´∀`)


ほんとにこったに弾いだんずなぁ!?、て言いたくなるメイプル指板の弾き削れはギター変態が好きなやつ


一部SNSで騒がれてる数の子だかカラスミだかキャビアだか、ピックアップはそーゆーやつには見えません(^o^)


高音弦側が低いピックアップ高さはなんか狙ってやったんかね(?_?)、この辺は音出してから調整しましょ呑みながら♪


ノブはクセもすごくなくとってもキレイなんじゃぁ


ときにヤフオクなんかじゃフォトラトとは思えないほどの高値が付くマッチングヘッドのラージヘッド。ペグもよくある安っぽいアレじゃないのが素晴らしい(*´∀`)


ブロックタイプっていったらいいんだべが、ブリッジは1枚板のグンニャリではないけどまあこのまま使いましょ


HSHにも対応できる安ギターならではの汎用性重視のザグリ。底面部の塗装の仕上げの粗さはもはや職人芸


おっふ、、雑ッ!(;´∀`)


照明にあたるとまた違った表情になる、、さしずめ夜のステージの上で輝く2丁目の女王、ってとこですわねオホホホホ


光の当て方でその存在感がガラッと変わる、そんなバーストみたいな顔もあるなんて、やるでばなバーガンディ(^∇^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA