浪館通りの新店らーめんえみし堂~蝦夷堂~で太麺大盛りを

突然に舞い込んだ、ラーメン新店のオープン情報。

おっふ、こんな時代にまたまた新店だなんてもうほんと、最高かよ(;´Д`)

ついこないだ高田の新店アタックかけたばっかのハイボールマンにそんな嬉しいニュースだなんて、きっとこれは神様からのプレゼントに違いない。

、、そりゃそうだ。

いっつもハイボ頑張ってんもん。

昨日だって風呂の排水溝キレイにしたし、先週も風呂の排水溝キレイにしたし、その前の週も風呂の排水溝キレイにしたしその前もその前も、、

ッ!、、(; ・`д・´)イッツモハイボシカヤッテネデバッ

だめだこりゃ、考えれば考えるほどモヤモヤしちゃうやづだでば。

もう難しいことは考えず、今日はもう喰って寝よう。

だからハイボは本日グランドオープンの新店にすぐさま行って喰って撮って書いて上げて呑むッ!( ✧Д✧)


浪館通りと旧線路通りのぶつかるアソコ、つまりマーチャンの隣で怪しいお店の1F部分にらーめんえみし堂はあるんです(๑ʻัદʻั๑)


駐車場は斜向いに10台くらい、手を上げて横断歩道を渡るハイボールマンがいましたよっと(((◞( ・ิ౪・ิ)۶่่


3面に配置したカウンター席とDIY感強めの丸テーブル、さらにねぶたや世界地図や民族っぽい工芸品なんかが彩る店内はきっとアッチ側の席がグッドなお席(ꀀꎁꀀ)


さて何喰おうかメニューメニューっと、、おっふ、まずは店内のどこかに貼られたこのPOPを探しましょう(((;ꏿöꏿ;)))


トッピングはもっと探すのが困難だから店入る前に決めとかなきゃ取り返しがつきません(´ε`;)


100円オニギリのとなりに無料のオシンコ、混乱するからもっと離したほうがいいとハイボールマンなんかは思うんだ( ꒪⌓꒪)


なるほど、コチラのお店ではデフォルト・カエシ・動物系スープと3段構えの味変なのね、、忘れないようにしなくっちゃ(; ・`д・´)


うん確かにあるねカエシダレ別名ツイカダレ、ショパクチシニタガリの特急券


んでアッチが動物系スープてやつだのね、本数限られてるみたいだから使ったらちゃんと元に戻さなきゃなやつだのね( ꆤωꆤ )y─┛


細麺or太麺、それってつまりハルカとハルナどっち推しなのかって話、、ではない(´*◞౪◟*`✿)


うっすら透き通るスープが物語るネバーニボディングストーリー(::´º◞౪◟º`::)


ペラとコロで愉しむ食感の違い、チャーシューにはまだまだ無限の可能性があるのだ(; ≖´◞۝◟≖`)


ズズズ、ズッズズ、ズーズズズズズッズッ(ハイボ、やっぱり、らーめん好きなんよっ)


太麺の大盛りひとっつオナシャス、それがハイボールマンこの日最大の決断ていうのがいい歳して恥ずかしいっすほんと(|||❛︵❛.)


かなりのグワガシ食感、いやゴワググ、いやゲルググ、いやガギグゲ、、要はポッキーを蒸したかんじ


この2枚のチャーシューにチップとデールと名付けよう、そんなん言うようになったらいよいよや(`ڼ´)


店主からのメッセージにある通り、たしかに薄味設定のデフォルトスープ、、アダリマチハイボはやっぱりコレ入れてこそ目が覚める(///◔(ェ)◔///)


そして投入する動物系スープに期待と不安で胸がキュウッ、先生やっぱり詰まってますかカテーテルですかそれともバイパスですか(; ・`д・´)


あっ、なんだろ確かに変わった気がする、えっとなんかが変わった気がする、、うん、変わったのはわかる、だけどえとえとえーっとえっと(´ε`;)


別皿に動物系スープをあけて飲んでみた、、だけどもよく分からなかった、そんなハイボは味音痴


鉄板:間違いないこと、確実であることをいう。本命。定番。競馬・競輪などでの用法が一般化したもの


コレに一味振って焼酎入れてひと煮立ちさせたらきっとこの冬も乗り越えれそう(´*◞౪◟*`✿)


レンゲは滑って落ちるやつ、3回落ちたところでハイボールマンは諦めた(*´◒`*)


HRP(Highballman’s Ramen Point)20point ⇒HRPランキング2020
スープ:☆☆☆☆★ 塩分控えめ
麺  :☆☆☆☆★ ミートザゴワゴシ
具材 :☆☆☆☆★ しっとりちゅるん
雰囲気:☆☆☆☆★ Do the bar-hopping
値段感:☆☆☆☆★ 大650円

「古川のラーメン屋さんに、俺はなるッ!、、浪館通りに現れた黄色い新店は煮干しのお店」

いやもうほんと嬉しい限り。
ハイボみたいなラーメンクソバカキチガイにとって、ラーメンの選択肢が増えるってことは大変に嬉しいニュース。
しかもこんなご時世に、しかも街なか駅前の古川にありながらも駐車場完備、しかもリーズナブルな価格でお求めやすく。

やるでばな。

えみし堂と名付けられたその店が勝負するのは、アッサリ薄味煮干しひとつのみ。
細麺or太麺×4種のサイズ×7種のトッピング=あのそのえーっとえっとで無限大。

やるでばな。

フーフーしなきゃ味が分かりにくい熱めのスープとまるで生茹でパスタのようなグワゴワ麺、さらにペラとコロで食感の違いを楽しむチャーシューに、浪岡食堂系を彷彿とさせる麩。

やるでばな。

そしてなにより面白いのが、ポットに入った動物系の割りスープ。
たしかに好みの比率は自分の舌が一番よく知っている。

もっとケモノ感を、いやもっともっとアニマル感を、、そーゆー人はドブドブ入れて。
違うの私はあなたが思ってるようなそんな人じゃないの、、そーゆー人もドブドブ入れて。
入れても入れなくてもどーせオラにゃ味もクソもわがんね、、そーゆー人もやっぱりドブドブ入れて。

なるほどこれはなかなかに新しい。
入れ過ぎちゃったらまたカエシを入れて、ブラペや一味で整えて、おっふこりゃもう元の味の面影ゼロだでばっ、っていう楽しみ方の提案。

やるでばな。

そんな「らーめんえみし堂」さん、新店オープンおめでとうございます。ハイボールマンはこの太麺を使ったヤサイマシマシニンニクマシもこっそり期待しています、、ごちそうさまでしたฅ(≚ᄌ≚)

らーめんえみし堂~蝦夷堂~
営業時間:10:00〜19:30
定休日:月曜
駐車場:道路反対側に10台くらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA