新店 港町パチ屋横のラーメン・串焼笑太の煮干中華

ついに開けた東京オリンピック2020。

日本中がテレビの向こうの超人たちを応援する中、テレビのコッチ側でまったく違うモノに心を奪われる男の姿があった。

そう、ご存知ハイボールマンである。

「し、し、し、、新店だとッ!?、港町のパチ屋さん敷地内で、煮干中華の新店だとッッッ!!(;;;՞;ਊ՞;;)」

この男、ラーメンの新店と聞けばどこにでも顔を出し、喰い、撮り、書き、上げ、ニヤニヤしながら屁こき寝るという新店狩りの暴れん坊。

「こ、こ、、こーしちゃいられんすぐ行ぐじゃ、浅虫マルシェさプラッと行った帰りの開店ピッタリで入店かました挙げ句にゴイっとススり喰っちゃるじゃッ!ꉨڡꉨ」

まさに悪魔の皮をかぶった節操なしの恥晒し。

「こんなハイボの情報を待ってる人が1人でもいる限り、最後まで一生懸命頑張ります!ニッポンの皆さん、応援お願いしまっす」

、、、。


笑って太る、そんな生き方が素直に羨ましいハイボールマンがまたまた新店狩りに来ましたよっと(((◞( ・ิ౪・ิ)◟


店内はカウンター5席に4人テーブルが2卓あるからキャパは全部でひーふーみーよーえーっとえっと(;´Д`)


出来たばっかの新店で、限定アブラソバいくほどクレイジーが進行してないハイボールマンは推しっぽい煮干中華をポチる


ちなみに券売機上には写真もあるお(͏ ͒ • ꈊ • ͒)


串焼屋さんにトランスフォーム後のアレだべね、ビールちゃんが冷えた体で僕を見つめてる( ꒪﹃ ꒪)


正しい読み方は「しょうた」、通称にこるん


ミルタイプの調味料たち、奥からニッキ、ヒガシ、カッチャン(*′☉.̫☉)


人がラーメン喰ってるの見ると喰いたくなるのが人の性、花はどんな気持ちで見てるんだべね(;-◞౪◟-)


そんな花の声が聞こえない系人間のハイボールマンは煮干中華大盛700円を


具材はネギ、麩、細メンマ、チャーシューの4種類


でっけぇチャーシューだなぁ、でもどーせ薄いんだべなぁ、、と思ったら厚みも相当、まさにチャイの国じゃ出来ない芸当(;꒪ö꒪)


気になったのは並盛/大盛、ともにドンブリが一緒ぽいこと、、つまり増えた分の麺量がドンブリ内でギッチギチだしスープ量もやっぱり相対的に少ない(;ꏿ︿ꏿ)


だから浸かりきってない麺がスープ表面からコニャニャチワ、当然そこだけガッビガビ(|||O⌓O;)


ダシ感強めのあっさりスープは醤油味なんだけど割と塩味も前にくる、後から喉乾く系のお味(´ ◕◞౪◟-)-☆


大盛りだとまさにドンブリの中を埋め尽くす、固茹でチヂレ麺は今までの人生で割とよく見てきたタイプ(̿▀̿ ̿Ĺ̯̿̿▀̿ ̿)̄


オツレサマの鶏塩中華と食べ比べ、煮干よりちょい太の麺とスープのコク深さでハイボ的に鶏塩の勝ち(¬ -̮ ¬)


コショーよりも岩塩よりも、なによりハイボは割り箸が欲しかった


いつか主役になれる日がきっと来る、そう麩が思ってるとしたら涙出る(´ ՞)ਊ( ՞ )


だけどブラペは教えてくれた、主役じゃなくてもメインになれるんだ(‘◉⌓◉’)


にしても立派なチャーシューだこと、これ目の前にして巻かないほうがどーかしてるよね、ね、ね!?(◍’౪`◍)


今度来るときは千切りワサビをポッケに忍ばせ持ってこよう(῀ ⚙⌄⚙ ῀)


「て、店長、あのテーブルのあの男、、ま、巻いてますぅ」「ほっとけどーせハイボだろ」「なーんだ」


絶対あとで喉乾くんだから今のうちから呑んじゃえよ、っていう悪魔の声が聞こえた日ಥ_ಥ


ついでにアルコールも置いとけば一回で済むよー(◕ ◠ ◕ )


HRP(Highballman’s Ramen Point): 24 /35 point ⇒HRPランキング2021
スープ:☆☆☆☆★★★:4 しょっぱくないけど喉乾く
麺  :☆☆☆☆☆★★:5 容器の大きさに見合わない
具材 :☆☆☆☆☆★★:5 嘘、、ぶ厚い、、♡
雰囲気:☆☆☆☆☆★★:5 頼めば呑めるんかな
値段感:☆☆☆☆☆★★:5 700円(大)

「いつどの時代でも分厚いファン層、ラーメンオブ温故知新」

突如として現れた謎の新店「笑太(しょうた)」。
分かってるのはパチ屋さん駐車場内にあるっていうその場所と、ラーメン以外にも串焼きを出すっぽいてことだけ。

ふむふむ、こんな気になる店がこの世に生まれたことにまず感謝、んでもって本気出して喰いに行がねばだでばな、、ってことでハイボ、またまた行ってきた。

まだまだ情報少ない中で頼んだのは券売機の左上メニュー、いわゆる一般的にいわれるその店の「推し」メニュー。

煮干中華という名のソレは、ぱっと見は町食堂でみるアッサリ中華。
淡い黄金色のスープに縮れ麺、細メンマにネギに麩、大判チャーシューと、まさに古き良き時代から伝わる王道中華の装い。

まさにフルキヲタズネアタラシキヲシルラーメン。

ちなみに今回は大盛でいってみたハイボールマン。
その麺量には大満足で、もうドンブリの中が隙間見えないほどのギッチギチ。

並盛りと共通のドンブリがまた小っちゃめってこともあり、大盛にすると麺ハミ出すはスープも少なくなっちゃうわで、この辺は一考する価値はあるのかなと、、(^◇^;)

ついでに気づいた点をもう一つ。
備え付けのかわいいお箸、とってもプリチーなんだけどなぜかこれがまた滑りやすい(・・;)
いくら縮れてるとはいえ、これであの細麺をツマミ続けるのはもはや握力トレーニング、、是非に割り箸も置いてくれたらな、っていう(^_^;)

とかいう小言も新店に敬意マンセーな気持ち故。
肥やしにするも放り捨てるももちろん自由、ハイボは全ての新店の味方です( ͡° ͜ʖ ͡°)

、ごちそうさまでした( ꉺ∀ꉺ )


ラーメン・串焼 笑太
営業時間:11:00〜
定休日:不明
駐車場:パチ屋全域

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA