麺山の数量限定新メニュー 濃厚煮干つけ麺をガブムシャゴックン

どうして人は山を登るのか。

そんな永遠のテーマに、ある日ある時ある場所で、突然と気付いてしまったハイボールマン氏はゆっくり語りだした。

「基本、人ってみんなマゾなのさ。」

さらに氏は続ける。

「アスリートってキツいトレーニングほど笑うじゃん?、人って誰かのこいた屁が思ったより臭いほど笑うじゃん?、誰だってキレイなオネーサンから往復ビンタとかいくらだって金積むじゃん?」

なるほど、理解しかない。

「そーゆー意味じゃ「山」ってちょーどいいわけさ、いつだってそこにあるし昼から夜遅くまでやってるしサービスライスの炊き加減だって絶妙だしちょっと前までおいてあった白菜系のオシンコ無くなったのは残念だけどコスト高の影響で一旦は姿を消したバラ肉チャーシューの嬉しい復活アナウンスも記憶に新しい・・」

ん?、えっとハイボさん、、!?

「だから超高純度マゾを自称する身としては、やっぱまた行きたくなっちゃうわけよ、あの山に。」

、、山、ですか!?

「青森麺界が誇る駒込川沿いのビッグマウンテン、、麺山行ってまたまた喰っちゃうわけよッ!( ´Д`)y━・~~」


ラーメンあるところにハイボールマンは現れる、それがアブラまみれだってんなら尚更よ(ゝ◞౪◟・)v


ボタンの多さは煩悩の多さ、アッチもいいなコッチもいいなで日が暮れる(☉.̫☉)


麺山にきて豚骨正油を選ばない勇気、イッツチャレンジングヘチョマガリ


おっふ、麺山なのに座り放題だでば、、と思ったらこのあと激混みになる安定っぷり(((;꒪ꈊ꒪;)))


これあれでしょ、無惨さまとかラムちゃんとかが入ってこれない、なんかそーゆー類のやづでしょ知ってるよ


ハイボールマンがF1マシンならピットレーンがここ、毎周回ごとに寄っちゃうね( ꒪⌓꒪)


選手村に置いたら売れるべなぁ、メイドイン麺山のニンニグマンマ(͏ ͒ • ꈊ • ͒)


回転が早いのも麺山の嬉しいストロングポイント、何かと忙しい主婦とかハイボには有り難い


見事にアワアワしてらでば、ってことは煮干しと動物系のアレだでば、たぶんきっともしかして((;,;;  ิ;;◞౪◟;; ิ;))


チャーシュー、メンマ、


ネギとノリ、、まさにラーメン具材界のローリングストーンズやぁ〜( ꒪﹃ ꒪)


擬音ちゃん「ドプッ、ズズッ、トロリのリ」


店内POPにある「煮干しとかつおの旨味」、だけどこれはやっぱりどこまでも安定の麺山の味、イコール白飯がめちゃんこ合いすぎる味


大体つけ麺・つけそばのチャーシューはほぼほぼ冷めてて固い、だけど配膳直後にスープに浸けるそのひと手間が通過儀礼ぽくて嫌、、はてさて最適解はどこにある?(;´Д`A


メンマ「どーせ俺様がいなきゃ現場成立しないっしょ?」、敏腕P「おいおい穂先メンマに変えるぞテメー」、メンマ「あっ、スマセン´д` ;」


メンマ「、、ねえP、これ、、企画モノってやつっすか」


敏腕P「いいねッ!、お前の良さが出てるぞたぶん」、メンマ「あざーっす!」


残り少なくなった麺をドボンすればもう普通にぬるめのラーメンだでよ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )


このネギ、熱っつーマンマさ合うべなぁ、いや日本酒さ突っ込んで、いやもう和紙に包んで頭さ乗せて、一個一個数える夜も、、楽しみ方マジ無限大(^ν^)


おっふ、20年前と40年前に流行った柄だでば(;´Д`A


HRP(Highballman’s Ramen Point): 28 /35 point ⇒HRPランキング2021
スープ:☆☆☆☆☆★★:5 めしてめして
麺  :☆☆☆☆☆☆☆:7 んだっきゃんだずや
具材 :☆☆☆☆☆★★:5 ザ・麺山
雰囲気:☆☆☆☆☆☆★:6 んだっきゃんだずや
値段感:☆☆☆☆☆★★:5 850円

「駒込っていう地名は麺山に教えてもらった男のつけ麺ライフ」

泣く子も黙る外食麺界のドンガバチョ、麺山駒込本店。

もはや説明不要のセアブラチャッチャを中心に据えた豊富なメニュー群と、そのどれを選んでも間違いのない完成度で、青森市内はもちろんのこと北半球全域にファンがいるとかいないとか。、

そんな麺山駒込本店でついに出た新メニュー「濃厚煮干つけ麺」。
煮干しとカツオの旨味を麺山流の解釈で仕上げ、しかもテイクアウトも対応済。

ってそれもうもはや萌え萌えキュンだでば、バブみを感じてオギャってまるやづだでば。

、、にしてもこの数量限定の新メニュー、味もなかなかの仕上がりっぷりで、たぶん目を瞑って喰っても「あ、これ麺山でしょ!?」となるお味だから麺山ファンにとったらもう堪らない。

煮干し、カツオ、、言われれば確かにそこに居るのだと分かる。
だけどそれ以上にこれぞ麺山!っていう濃い目セアブラの白飯にビタッと合うあの存在感、もうこれに尽きるんじゃないかな。

ベースのスープが美味いから何でも美味い、それに合わせる麺も美味いからやっぱり美味い。
飯の炊き加減も絶妙だからついつい多めに盛っちゃうし、回転の速さもマンモスウレピ。

まさに安定の麺山、麺山しか勝たんくて草。

麺山が好きか麺山が好きすぎるか、どうやらこの世には2種類の人間しかいないらしい。
果たしてハイボールマンはどっちだろうか、とかって考えたところでまた行っちゃうんだろうな、ふう、、ごちそうさまでした(*☻-☻*)


麺山駒込本店
営業時間:11:00〜25:00
定休日:なし
駐車場:店を囲んであちらこちらに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA