八戸海手の新店 だし拉麺きんざんのこいくち濃厚にぼし

ここ最近、やたらめったら増えてしまった陽性者数。

当然、日頃の何気ないルーティンにも自然とブレーキがかかる。

かくいうハイボールマンも例外じゃなく、いつもは大嫌いでその存在すら消してしまいたい自制心って奴に縛られる。

今日の我慢が明るい未来につながるよ!、それって今ほんとに必要なこと?、とにかくみんなちゃんとして!!、、と、聞こえるはずのない内なる声の奴隷として過ごす日々。

そんなある日、ハイボは一つのニュースを聞く。

「おっふ、八戸に、ラーメンの、、し、し、新店、、だとッ!!(゚ω゚)」

、、、ちょっとハイボそこまで行ってくるー( ;´_ゝ`;;)


ともに100歳超えしたあの有名美人双子のどっちでもないきんざんに、まだまだ末っ子気質が抜けない甘えんぼールマンが来ましたよっと(ὸ⍸ό)✧


メニューの掲示は風除室内の券売機横にのみ、つまり店内入ったあとに追加頼もうと思ったら、、ていう(;´д`)


ボタンの配置意外にも種別毎に文字色も変えて、伝えたいという姿勢てほんと大事(ฮิ౪ฮิ)


店「換気の為、窓開けまーす」、それはいいけど吹き込む風にマスクとか食券とか何度も飛ばされたハイボってやつがおったとさ(˘έ˘)


さすが「だし拉麺」を謳うだけある、あまり見慣れないタイプの置き物がいっぱい


ギ、ギャー!、て泣くほどの歳でもなかったわよく考えると(^_^;)


左、だし香るTKG、、右、こいくち濃厚にぼし


なるほどお主かえ?話題の新店でブイブイ言わせちょる、こいくちのーこーちゅう奴はగ౬గ


たしかにこーゆー色したニボ系スープに鰹節乗っかってるって珍しい、海老蔵がパンツ被って走ってるくらい珍しい


だけどこちとらハイボールマン、ひと呼んで津軽が生んだ恥太郎よ、舌のバカさには定評が、、、ってうん、普通に美味いけど普通に喉乾くやづだなこりゃ(・・;)


配膳直後にはまだまだカッチコチ、ここからスープの温度と引き換えに柔っこくするっていう(ὀ⌓ὀ⑅)


ストレート太麺、その食感と引き換えにどんぶり周辺に飛沫を飛ばすリスクは高し


「ヒソヒソ、これって味もう付いてんのかな?」「ヒソヒソ、何も言ってかなかったよね」「ヒソヒソ、でも味なしTKGてのは結構キツいよね」「ヒソヒソ、どうする?いく?」


「いくっきゃないっしょ!たしか今年は大殺界でもないし!」


「ああっ、、しょっぺくなっちゃったぁ、、分量かなそれともやっぱり入ってたんかなぁ( ;´Д`)」


もしかしたらハイボ、ダシアレルギーとかなんかな?、なんかノドがイガイガするこの感じ、白桃食べた時に似てるんだよなぁ(;´д`)


ホイド忍法、ノリデマクっ!


「ヒソヒソ、ほら、あそこ、ハイボじゃない?、メグセヤヅ選手権県代表のあれ、、ハイボじゃない!?」「( ̄∀ ̄)イヤーンミナイデー、デモチョットミテー」


味の変化を求め、ってよりは有るもの入れないのはもったいない気がするただのホイド性( ੈჰ ੈ)


さらにブラペも大量にブッ込んで、もはや繊細なダシの味とか遠いどっかに吹き飛びましたぁ( ꒪⌓꒪)


さて、喰うもの喰ったしアソコのかき氷でも喰いに行こっかなっと( ꆤωꆤ )y─┛


HRP(Highballman’s Ramen Point): 24 /35 point ⇒HRPランキング2021
スープ:☆☆☆☆★★★:4 期待と期待と期待
麺  :☆☆☆☆☆★★:5 んだよねこゆんだよね
具材 :☆☆☆☆☆★★:5 残酷な天使のかつお節
雰囲気:☆☆☆☆☆☆★:6 んだずやそゆんだずや
値段感:☆☆☆☆★★★:4 800円

「八戸海手のニューフェイスを喰って今夜もブシるぜベイベー」

どこか都会風吹くオシャレな街八戸に、颯爽と現れた期待の新店。

その店名に冠した「だし拉麺」の文字に、強い出汁へのこだわりが覗く。
お塩じゃないのよオダシなの、化調じゃないのよオダシなの、なんぼ飲んでも浮腫まないし血圧だって平常運転、そうよ私はオダシなの!、っていう。

なるほどこりゃ期待しかない。
てわけで日本最高峰バカ舌ハイボールマン、行ってきた。

んで思った。
おっふなるほど想定内の味なのね、と(・_・;

この日ハイボが食べたのは節系オダシにコッテリ煮干を合わせた、その名もこいくち濃厚にぼし。
そのネーミングだけ見れば、それこそ津軽地域にありふれ過ぎてるいつものやづっぽさ満点。

これはおそらく、、いつものそれにブシブシっぽさを足したような、そんな味なのでは、、?、という予測が先に立ち、そしてそれはすぐに確信に変わる。

んだよなぁ、やっぱ濃厚煮干しってジャンルの頭打ち感は否めないよなぁ。
それってつまりこーゆー系を確立した煮干しの先人たちの偉業、スゲーよなーってことなんだよなぁ。
ガチガチの世界の中でオリジナリティ出して突っ張ってくって、やっぱ難しすぎることだよなぁ。

だけどあくまでもこれはハイボが濃厚のニボシを喰ったからこその感想。
きっとここの正解はニボシじゃなくて濃厚でもない、あっさりの淡麗なカツオなんではないか、それこそがこの店のスローガンみたいなもんとビタッとしてんじゃないのんか、そう思うことにした。

だから、だからこそ、、まさかのモヤシヤマモリセアブラドッサリニンニクシヌホドイレテケロな限定品の登場を、心のどっかで祈ってます( ゚∀゚ )

とにもかくにも、まだまだ逆光吹きすさびまくりの飲食業での新店オープン、おめでとうございます。
ハイボールマンは車で2時間超えの青森の地から、ちゃーんと応援しています。

ふう、ごちそうさまでした(ॱ ॄॱ ๑)


だし拉麺きんざん
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜20:00(土日は通し営業)
定休日:水曜
駐車場:結構いける
※記事掲載時点での情報です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA