ハイボールマンの霊場放浪記「恐山」

むつ市内でニンニクたっぷりなラーメンを喰ったハイボールマン。

よし、これで体力の回復はバッチリ!(‘◇’)ゞ

次は心のお洗濯、メンタルの充電だ!!

ヘルメット内に香るニンニク臭に、ナチュラルなハイ気分をキメながら向かったのは、、全国的に有名なパワースポット「恐山」。

日本三大霊場の一つ、、だけど他の二つはすぐには思い出せまっしぇーんな青森県人も多いのでは?

かくゆうハイボールマンだって、生来の信心のなさも手伝って霊場なんて恐いイメージしかありません。

はてさて10年以上ぶりとなる訪問になったハイボールマンに訪れるのは、、福か?それとも、、バチか??


恐山に行くためには必ず通るのが三途の川。。この立派な赤い橋の下にはやたらと透明度の高い水が流れます(´Д`) たしかメッチャ強酸性で生物が生きていけない水だんです(*´Д`)


その三途の川の横っちょにはこれまたヤバげな像が2体。。物心ついてるいい大人でも泣き出しちゃうかも、、(-_-;) ハイボールマンは泣かないまでも、、実は夢に出たってのは内緒でお願いします(;´Д`)


日本最強の霊場「恐山」と言えど、「ドローン」だとか「ポケモンGO」だとかの看板が立っちゃってる。。近代化の押し寄せる波はこんなとこにもあるんだなぁ(;´Д`) それに事務所の「事」が「寺」ってのは大変オシャレ(-ω-)


悩みに悩んだ挙句、入場料500円を払って門をくぐってみた。。実は信仰のウンヌンに興味ない、こんなオジサンからも金とるなんて、、これぞ鬼畜の所業!!(‘_’)


非常に恐山らしい一枚の写真。。まだ幼いころのハイボールマン、某TV番組「あなたの知らない世界」オープニングで回る風車が恐ろしくて恐ろしくて。。あれから数十年たった今、地蔵と風車のコラボなんて膝から落ちるほどの恐怖(;´Д`)


山門くぐって真っすぐ来ると地蔵殿がありました。中には御本尊が祀られているらしく、中の写真撮影は厳禁との立て札がございます(-_-) ここでは素直に控える男、それがハイボールマン(-ω-)


分骨の習わしが永く続く恐山ならではの納骨塔。。お供え物や高く積まれた石などで故人冥福を願う、それが恐山マナー、恐山品質(‘ω’)


十和田奥入瀬の名を全国に広めたとされる明治の歌人、大町桂月の名前がこんなところにも。。ハイボールマン、そんな歌の内容なんて、わからないよう(;´・ω・)


気付くと地獄をさまよっていたハイボールマン。。ちなみに地獄には刑務所のような刑期があるらしく、地獄の中でも最下層であるこの無間地獄、682京1120兆年位の刑期だそうです。。まさにスパコン並にヤベー場所(´Д`)


地獄めぐりをゆっくり楽しもうと思っていたハイボールマン。

なにげに次の訪問地、かっぱの湯の入浴時間を調べたら驚愕の事実が、、!

やばい、、あと35分で男性の入浴時間が終わる・・!(;´Д`)

それを逃すと次は2時間半後・・・!!(;’∀’)

どうするハイボールマン、、あと2時間以上もこのまま地獄をさまようか?

それとも一旦出て、適当に時間をつぶすか?でも位置的にヒマをつぶせる自信がない。。

、、、よし、急いで行って急いで風呂入って急いで上がろう。。!((+_+))

恐山の奥深くから駐車場まで、、ハイボールマンは無口な半ダッシュで走り去った。。

果たしてハイボールマンは間に合うのか、、?それとも、、、。

気になる次回、乞うご期待!(;’∀’)

<恐山>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA