オアシス色したストラトキャスター Selder ST-18M/OASIS

まーたやっちまったぜハイボールマン、ギター、、今度はストラト買っちった(;´Д`)

心に決めたんだけどなぁ、、少なくともエレキはもう買わないって、、

ついこないだまでは本当にそう思ってたんだけどなぁ、、(*_*;

、、でもたぶん、心のどっか片隅じゃ欲してたんだろうね、飢えてたんだろうね。。

無意識に、いつも視線のどこかで探していたのは可愛い色したフェンダー系、しかも指板はメイプルでなんぼ高くても7-8千円くらいだったらもう最高(´ε` )

葛藤の日々を送るハイボールマン、ぶらり出掛けたリサイクルショップの一角で、ついにというかやはりというか、出会ってしまっんだ、、コイツに(;´Д`)

クラプトンさんみたいなサーフグリーンボディにメイプル指板、グロス塗装でフレット減りもソリもない太めのネックは握った感じもシックリくるときたもんだ。

運命に逆らっちゃやっぱりマズイよね、神様はボクにコレ買えって言ってんだよね、、わかったよ神様がそこまでいうならハイボは従う、、しょうがないよね相手カミサマだもん、バチ当たっちゃうもんね(;´Д`)

都合の良いときだけ神の声が聞こえるハイボールマンの、頭の中に鳴るのは遠い昔のあのメロディ、、

♪もうギター買うことなんてしないなんて、、言わないよゼッタイ!(*´∀`)


カラーコードはOAS。オアシス色と名付けられた本家よりはやや薄めの淡緑、まるで爽やかな新緑の季節を想起させるようでウンタラカンタラ、、(;´Д`)


ハイボールマンの中じゃギター界のユニクロ感覚、ストラトキャスター。いやもちろん全部いい意味で(;´∀`)


コレ選んだ大きな理由のひとつ、ずっと探してたグロス塗装のメイプルネック。。なんの思い入れもないセルダーロゴはいずれ剥がされる運命( ’ω’ )


購入直前、処理の甘いこの弦に指先流血ハイボールマン。。オイこの弦張ったやつ、もーちょい切るなり曲げるなりウンタラカンタラ、、(;´Д`)


継ぎ手の見えないヘッド裏もポイント高し。。ここでハイボールマン川柳「安いペグ、早いトコ変えたい、クルーソン」


フロントピックアップ部分に見られる陥没はまあ、、リサイクルショップ激安ギターあるある( ´∀`)


一枚板グニャリじゃないブリッジサドル。。この辺イジるつもりは今んところ全くなし、そう、今んところは、、ね(*´ω`*)


見事なまでにバッツンな「フレットバリ」。こーゆーところの調整含めてギター変態はヨダレを垂らす(★´ -`)


弦を緩めてちゃちゃっと解体♪、、今後の方向性探るためにも現状調査を、、って激安なのにザグリが弁当箱じゃないのにビックリ(゚A゚;)


フロントザグリとネックポケットの間、グイッて押すと動くくらいの亀裂が。。そして底部には謎の突起、何だコリャ?(@_@;)


電装系はどんだべなっと、、配線処理からも見える雑な大陸仕事だでば(^_^;)


よーしポットやコンデンサに配線材、折角だしピックアップまでまるっと交換しようそうしよう


イナーシャブロックももちろん激薄タイプ。そのうちクラプトンみたいに木片挟むから極重タイプでサスティーンアップ、なんて事はやりません( ☌ω☌)


グラスルーツレイクプラシッドとの2S。。コッチがヴィンテージ、アッチをモダン、、それが目指すサウンドの方向性


パッと見の印象がなんだかシンディ・ローパー。。はい、あくまでも個人の見解です(;´∀`)


ここで今後の方向性を再確認

  • Amazonな中華ピックアップに交換
  • コンデンサはやっぱりいつものオレンジドロップ
  • 配線材はすべてBeldenに交換
  • センターPUとリヤPUのトーン共通
  • イナーシャブロックに木片挟んでクラプトンスタイル
  • ペグはクルーソンタイプに交換
  • ヘッドのデカールは剥がして○enderかオリジナル作るか

今夜もハイボはAmazonめぐり。
御大のWonderful Tonightをば弾くために(*´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA