獄温泉の方の田沢食堂で中華そばとカレーライスをダブルで喰う

とあるミッションのため、岩木山を登ることとなったこの日のハイボールマン。

えーっと現着したらまずはアレしてコレしてホニャしよう、みんなの笑顔を守るため、平和が世界を包むべく、、そのハンドルを握る手にも自然と力が入る。

、、でも神さまごめんなさい。

ハイボ、そんな良い奴なんかじゃないんです。

ジブン至上主義のエゴイストの極みおじさん、それがハイボールマンの素顔なんです。

だってハイボ、実はずっと考えてたんです。

岩木川を渡るずうっと手前から、いや空港脇のタダ道路をブイブイ走るあの辺から、いやいや玄関前にカロリーメイト落としてるのに気付かずブイーンて出掛けたあの瞬間から、ハイボはずうっとあのことばっか考えてたんです。

「山で、、何喰うがなぁ」

山の神さまごめんなさい、ハイボはたぶん死ぬまできっとこんなんでーす(*´◉◞ρ◟◉)σ


クンカクンカ、、なんだかコッチにラーメンの匂いがするお、どこだおどこだお?ていうハイボールマンがついに獄まで来ましたよっと♪


世紀末的に地割れした床にUV焼けしまくったテーブル、歴史ある食堂の中でもなかなかの本格派(;;;՞;ਊ՞;;)


奥には宴会対応の中広間があるからAKBでもBKBでも大丈夫(。◝‿◜。)


「いやんだぁ、なぁに撮ってらぁのぉ!?恥んずかすぃ♪(´*◞౪◟*`✿)」、、大丈夫ですお母さん、僕が撮ってるのは上のメニューですから大丈夫です(´;◞౪◟;)


おそらくこれが青森県で最も高い標高で味わえる中華そば、、そういえば酸素が薄いような、ヨダレが止まらないのもそのせいね( ꒪﹃ ꒪)


あぁ、これが雲海の下に住む民を見る神々の視点(≖ ‿ ≖)


具材はチャーシュー1枚、メンマ5本、そしてネギネギネギネギネギネギネギネギ


鶏ガラと煮干しのスープは甘くてシンプルな味付けで、たぶん具なしオニギリが最高に合う


弘前市民の舌にビタッとハマるアキモトの麺、どうやら青森生まれHip-Hop育ちのハイボールマンにもビタッとハマる


ブラペ信者のハイボールマンでも一応分別はわきまえてんのさ、これは間違いなく白いやづが合うやづだんずでがんす


あっ、あぁ、、こ、こんな標高たかいところで、あっ、あぁぁぁっ、、


「裁判長、また肉で悪ふざけしてるハイボールマンに情状の余地など微塵もありません!」、、異議なしですっ(;´༎ຶД༎ຶ`)


「カレーのご飯持ってきて-」旅館奥の誰かに叫ぶおっ母さん、、ん?ご飯だけ?てことはカレーだけこっちエリアにあんの?カレーの匂いしないけどカレー鍋がこっちにあんの?(::´º◞౪◟º`::)


もしかして小分け真空パックになった業者御用達のアレじゃないのコレもしかして!?、ていうのは経験豊富なハイボだから言えることだから小さい子は真似しないように(´*◞౪◟*`✿)


あっ、、これ、、パウチな、、湯煎な、、そーゆー総称でボ◯カレーとか言われるタイプのアレっすね(;;;՞;ਊ՞;;)


おしゃべり好きのおっ母さんに付き合う素振りを見せつつ黙々と粛々と早々と喰う、だって静かに喰いたいんだもん(;´Д`)


百沢から上はもうどこ行ってもダケキミだらけ、でもハイボが買うなら敬愛するKKさんの同級生のあの店だけって決めてんだもんごめんなさいね(;´∀`)


「バカと煙とハイボールマンは高いトコロがお好き、あとは酒と女と甘いものにえーっとえっと」

なかなか美味しいラーメンじゃないかぁ(;´∀`)
しかもこんなイナ、んん゛っ!、違ったこんなヘンピな山奥、んん゛っ!、、えっとんっとこんな風光明媚で侘び寂びな昔ながらの温泉街で食べれるなんて、僕たちは本当すごい時代に生きれてるよなぁ(^o^;

んだのさ、やっぱりこーゆーのを当たり前と思っちゃいかんのです。
きっとこーゆーのも岩木の山の神さまのご加護のおかげなんです。

だからハイボなんかは山で美味いものを喰える感謝の気持ちを持ってんです。

、、でも、、でもでもだっけど、、

自分、、中華そばと一緒に頼んだあのカレー、あれだけは納得いかんのです。
あれはイチから作ってるカレーが持ってる味わいのアレじゃなくて、高確率でお湯で温める銀色の袋のアレだと思うんです(;´Д`)
あの味わいはずっと昔から僕らの側にあって主婦の味方なアレだと思うんです。

仮にアレがソレだったとしても、、でも、、でもでもだっけど、、どーせなら銀座カリーとかホテルクオリティとかのもちょっといいやづ使えなかったのかっていう、ぐぬ、ぐぬぬぬ、、、

ま、いっか(*´∀`)

これでまたひとつ賢くなったてことでカレーライス650円を納得することにしてしまおう、ラーメンは美味かったしねッ(*′☉.̫☉)、、ごちそうさまでした(; ≖´◞۝◟≖`)


田沢食堂 [田澤旅館]
営業時間:不明
定休日:不明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA