せっかく蔵八さ来ただば鬼コスパの海鮮丼ば喰ってぎへ

、、、ッ!?

な、なんだこの体の内側からゾワゾワくる悪寒のような、でも悪い気はしない、いやむしろどこか幸せな気持ちになれる不思議な感覚は、、!?

つけ麺気分?、いや違う、、カツ丼気分?、いや多分ちょびっと違う、、定食気分?、いや近いけどなんかほんの僅かなところで違うなきっと。

、、ま、まさか、、いや、この感覚はもうほぼ間違いない。

これはまさしく、Ku・Ra・Ha・Chi・Ki・Bun、、そう、いつもの蔵八気分ッ!खิ৺खิ✧

なら思い立ったがクラハチドキ、やることとかやらなきゃいけないこととかはこの際その辺に放っぽって、今すぐアッチに向かってブンブン鳴らして走るぜベイビー。

B・K・B、、ボクは、クラハチが、バリ好きだッ、、BKB!ヒィーアッッ!!b(*▼Д▼)d


海鮮モノとか肉とか揚げ物とかカレーとか日替りメニューとかに心踊りたい時、何より腹減りハイボが大好きな蔵八に、駐車場が空いてたもんだからついついまたまた来ましたよっと└(՞ةڼ◔)」


前回はぐぬぐぬ決めきれずの生マグロの漬丼いったハイボールマンも今日は初心貫徹にカイセンド、ン?、、メバルの煮付け定食が今日の日替り、、だと、、?(;´Д`)


居酒屋メニューに手を出したいハイボールマンはやみのランプを使った!!、、だけど何もおこらなかった(;;゚;;ё;;゚;;)


休日なのに並ばず入れて通される、なるほどこれが蔵八の奇跡( ͡° ͜ʖ ͡° )


鬼も日輪刀の前に首を差し出すほどの冬限定の超絶メニュー、それがタラ尽くし定食税別880円(゚Д゚;≡;゚д゚)


これも初めて見た蔵八の豚バラ丼、小盛でもなかなかの盛りっぷりなのに税別580円という驚愕プライス*゚д゚*


家出るときから決めてた海鮮丼をブレずにオーダーできた自分、だから今日は何億倍も自分を褒めちゃう日(*゚∞^)


「今日の海鮮丼はすんごい入ってるよぉ〜、ほんとすんごいよぉ〜」、そんな店員さんの声が聞こえなくなるほどの見た目力(((゚Д゚)))


たっ、たたたたたたづっ、、これってたたったたたったタヅだでばッ!!(゚Д゚;≡;゚д゚)


「あらぁいらっしゃい、どしたのハイボちゃん、なんか疲れた顔してんね?、ささっ飲んで呑んでっ♪」ていうその目に癒やされるハイボはたぶん本当に疲れてる( ´´ิ∀´ิ` )


えびぶりまぐろさーもんたこたづいかほたてひらめこんぶ、、じゅげむじゅげむより高難度(ΘωΘ)


マグロかな?それともマグロかな?いやいやこれはアレでしょマグロでしょ♪(馬゚д゚鹿)☆


さて、、と(˘έ˘)


こんなゴチソウを前にいつもみたいに醤油ブッかけるだなんて愚人のやることよ、だけどこーゆーやり方の正しいやり方を知らないハイボはどこまでいっても愚人だす✧(`ῧ´)


冷凍じゃない生の良さ、それを知った時がハイボがオトナになった時だと今なら思うʅ( ‾⊖◝)ʃ


白ワインもいいし燗もいい、芋も合うべし麦もいい、だけどお天道様はまだまだ高く、こんな時間から呑んだらそれこそもういよいよや(˘έ˘)


「いでよ神龍、願いを叶え給え」


「お客さん、ちょうどいいシェンロン入ったんで握っときましたー」


下から見ても横から見ても醤油で喰ってもポン酢で喰っても絶対ウマイ、そう思って喰ってもやっぱり美味いってことはもうこれ絶対ウマイ(;´Д`)ハァハァ


カッパにもハマにもクラにもローにもきっとどこにもない立派なマグロ、もしクラハチがアッチに参入したら世界が変わるʘ̥ꀾʘ̥


やだっ、やだやだやだっ、まだ、、終わりたくないッ!!( ❅࿉❅)


でも物事は必ず終わる、それが人生、曲げられない絶対( •́ .̫ •̀, )


もはやローソン向かいの蔵八ってよりも、蔵八の向かいのローソン、ってぐらい蔵八はあの辺のランドマークだと思うㆆ﹏ㆆ


ここからはみんな大好き【蔵八のメニュー】たち


「海の宝石箱どころかもうGAFA、蔵八の海鮮丼を称え過ぎるってことはたぶんない」

逢うほどに好きになって、話すほどに好きになって、触れるほどに好きになる。
まるで、そんなアオハルワールドにトリップしちゃったかのような感覚さえ覚える、蔵八のランチ。

知ったつもりでいたのが恥ずかしくなるほどのその奥深さ。
今まで見てたのは蔵八の魅力のほんの手前のわずかな部分、東北自動車道でいったらたぶん花輪ぐらい。

それが行くほどに好きになって、食べるほどに好きになって、また知るほどに好きになる。
たぶん、どこまでいっても続く「好き」の螺旋、それが蔵八で食べるということ。

だって、あれほどの海鮮丼が税別1,000円切ってるだなんて、きっと都会人なら尻尾巻いて詐欺だペテンだと騒ぐレベル。

デッカイ有頭エビにとろとろサーモン、ハマチかなブリかなって脂白身に、アブラメかなヒラメかなって白身も乗って、さらにとろこりしてるタコとイカ、きれいな色したマグロの赤身にプリュンとしたホタテも入り、極めつけは新鮮極まりない鱈白子つまりタヅ。

六本木とか歩いてるときにコレ見せられてハウマッチ言われたら、たぶん5,000円とか普通に言っちゃいそうなほどの作品、それが蔵八の海鮮丼。

季節によってまた仕入れ状況によって乗る具材は千通りとも億通りとも言われる蔵八の海鮮丼。

自分探しを始めようか悩みがちな20代から自分探しの意味ないことに気付く中高年まで、全世代にオススメする蔵八の海鮮丼、、世界よ驚けこれがクラハチのカイセンドンだッ!、、、ごちそうさまでした( ・ิϖ・ิ)


蔵八
営業時間:11:00〜15:00、17:00〜24:00(日曜は23:00まで)
定休日:水曜
Goto食事券:不可
駐車場:いっぱいあるけどローソンはダメよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA