エルムの湯に移転オープンの中華そばtoshimaでブラック中華そばともやじろう

娘ハイボールガールと二人きりの休日を過ごすことになったこの日のハイボールマン。

だけど相手は超がつくほどのお年頃。

変に気を回してキモいと言われるのも泣いちゃうし、かといって傲岸不遜を通して死ねこのクソオヤジと罵られるのも忍びない。

うーんいったい父はどう接するのが正解なんだ?、うーんうーんぐぬぬのぬ、、そ、そうだッ!!、こーゆーときこそ、、教えて、アシクサっ!(;´Д`)

アシクサ「父親ならもっとドーンとねッ!d(ゝ∀・)」

な、なるほど、よーし、、

ハイボールマン「ね、ねぇ娘、、エルムさ行ぐぞ」

ハイボールガール「いや行かない」

ハイボールマン「えっ、でもあのそのえーっとえっと」

ハイボールガール「今度ね、またカワタニエノンが新バンド作ってね、そのギターストラップがまたCoolでね」

ハイボールマン「父に、、任せておきなさい」

ハイボールガール「エルム行こーパパー♪」

、、これもまた人生。


バイク乗りまくりだった前日とはうって変わったこの日の悪天候、使ってない筋肉が痛い痛いなハイボールマンが来ましたよっと♪◞( 、΄◞ิ౪◟ิ)、


入り口はひとつだけ、でも風呂入らずメシ喰うだけで入ってもいいのかな?、、だけど安心して下さい、メシ喰うだけでもいいし風呂入るだけでもいいんです(::´º◞౪◟º`::)


レイアウトは以前とは大幅に変わった様子、、もう風呂付きのラーメン屋といっても、つったら過言っちゃ過言(;´Д`)


おっふこんな立派な小上がりが6卓もあるなんて、、もうラーメン屋付きの小上がりといっても、ってのもやっぱり過言(;´Д`)


さて、、地獄のサウナ90分を乗り越えてきたハイボールマンが選ぶのはやっぱり、、


父「とりあえずハイボー…」、娘「…。」、父「…。」、娘「…。」、父「ブラック中華を下さいな」


せめて水だけでもモヒート気分、そんなグラスはあっちの店舗でもみたような(::´º◞౪◟º`::)


「わっきゃ今風呂さ入ってきたばしだはんでなんも汚ねぐねぇっ!」、そーゆー問題じゃないから消毒液は必要に応じて使いましょう(*´ڡ`●)


もやじろうなるメニューがあった


ハイボールマンはもやしもじろうも大好きだった


ハイボールマンはニンニクとセアブラも大好きだった


だから混ぜた


んで取り皿に分けた


親子仲良く食べましたとさ、めでたしめでたし


という心温まるホームドラマの後はドライボディお待ちかねのラーメンタイム⁽⁽(*꒪ั❥꒪ั*)⁾⁾


柚子皮は正義、フレンチ経験ある和の鉄人とかが何にでも入れてるから間違いない(*´◒`*)


かまぼこ板のようでかまぼこ板じゃない、通行手形のようで通行手形じゃない、それは何かと尋ねたら、ガブムチャ食べるニグニグニグニグ


すげぇ黒い、、近いのはきっとマホトの腹ぐらい(`ڼ´)


スープの色から勝手にゴン太い麺を想像してたハイボールマン、なるほどこれはこれで正解だでば


トシマといったらゴンブトメンマ、もしこれが細かったら絶対違うしハイボだっきゃ泣いちゃうかもよ‧⁺◟( ᵒ̴̶̷̥́ ·̫ ᵒ̴̶̷̣̥̀ )


白かった麩がスープに染まってこんなに黒く、、なんかこうドキドキしちゃう(;゚∀゚)


年頃娘のハイボールガール、きっとこれだべなぁって思惑通りにオーダーしたふわとろオムチャーハン


エイヤッと割ってみる、するとそこは夢と希望とファンタジーの世界でした(;;゚;;ё;;゚;;)


娘いわく「醤油かけたらちょーどいい」、なるほど( ་ ⍸ ་ )


さてと、父はまず自分のやつをやっつけよっと(゚Д゚;≡;゚д゚)


メチャウマ極厚チャーシューに具材をのせて、周りの視線を確認したら準備はOK、、このあとハイボは、、巻いた( •́ .̫ •̀, )


食べ終わった二つのドンブリを見て気づく、、おっふ背脂中華にもやじろう組み合わせたらもしかして、、?(゚A゚;)ゴクリ


いつかのtoshimaオープン直後にみた極細レンゲとの再会、、良かったなぁ、お前チャーハンの相棒として今も立派にやってんだなぁ༼;´༎ຶ ۝ ༎ຶ ༽


店内には採れたて野菜やLOVEPO2なる手作りサンドの直売コーナーも( ❝̆ ·̫̮ ❝̆ )✧


おっふメシ喰っただけなのにこんなんもらえるだなんて、、お腹もいっぱい胸いっぱい、ダデバッ!✧(`ῧ´)


HRP(Highballman’s Ramen Point)
: 23/35 point
 ⇒HRPランキング2021
スープ:☆☆☆☆★★★:4 歳はいってもオコチャマハイボ
麺  :☆☆☆☆☆★★:5 魔力オブチヂレ麺
具材 :☆☆☆☆☆★★:5 ノリノリだぜ
雰囲気:☆☆☆☆☆★★:5 基地乗り込めるランボーマジパ
値段感:☆☆☆☆★★★:4 750円+もやじろう450円

「おかえりなさいアナタ、ご飯にする?お風呂にする?そ・れ・と・も?♡、、そんな一人遊びが出来る場所」

突然だった人気ラーメン店の休業話。
移転先が決まり次第またアナウンスするとはいうものの、あの膨大すぎるメニューの虜になっちゃってる人にとっては気が気じゃなかった鬱々とした日々だったことでしょう。

だけど、そんな中で聞こえてきた明るいニュース。

どうやらその休業中だった「麺やtoshima」がプロデュースする店が、五所川原市内に新たにオープンするという。
しかもなんとハイボもいっつも行ってるエルムの湯、その中での営業なんだとか。

なんということでしょう。
温泉×ラーメン、、世のオジサンの「好き」が2つも掛け合わさってるやつがカツカレーの他にもあったとは。

で、我慢できずに向かったハイボに印象的だったのは、効率を重視しがちなテナント型で、食券機や学食型スタイルなんかじゃなく、オーダーから配膳下前までのフルサービスを導入しているってこと。

さすがはtoshimaのDNA。
接遇も、その店を量る大きな要素だってのを理解してなきゃ出来ないその判断。

やるでばな、すごいでばな、やるでばな。

しかもサウナだったり岩盤浴だったりで汗絞りまくりの風呂上がり、俺たちが食べたいのはこーゆーやつだって思わせてくれるメニュー構成もありがたい。
特にこの日食べたもやじろうなんかはまさにハイボの思う究極のダイエット食。

青森二郎のサンクチュアリくめち○んや、八戸二郎のパイオニア夢○なんかで無理言って作ってもらった麺ナシ二郎がデフォ商品としてあるなんて、、サウナに狂った対自分サディストオジサンやホットヨガに狂った永年ダイエットオバサンなんかには特にオススメできる逸品。

やるでばな、蛙飛び込む、やるでばな。

今後はテイクアウト商品の充実も図っていくらしく、まだまだ目が話せない五所川原ELM界隈。
こりゃ今年も全市通じて五所川原の一人勝ちだなぁ、、今日もそんなテキトーぶっこくハイボールマンだったとさ、、ごちそうさまでした༼❁ɷ❁༽


中華そばtoshima × チャーハン専門店のりきち [エルムの湯内]
営業時間:11:00〜21:00(L.O.21:00)
定休日:年中無休
Goto食事券:不可
駐車場:温泉駐車場そのまま利用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA