Epiphone Limited Edition ES-355 w/Bigsby

どーもハイボールマンです。

今日は中華エピフォンES-355のお話。

数年前、友人の結婚式でのビートルズを演ることになったハイボールマン。

Casinoを探してたにもかかわらず、このギターを見たときにもう本当一発でやられた。おなじ箱モノってことで自分を納得させ購入。

ちなみに本家ギブソン製ES-355はキース・リチャーズやノエル・ギャラガーが使っています。(日本人だと生形とか)
ES-335に比べるとどこか漂うマイナー感。けどそこがいい(^^)


ピックアップ : Epiphone純正

前後ともにEpiphone製ハムバッカー。
よっぽど歪ませ過ぎないかぎりはこのままで十分です(歪ませすぎると音が埋もれます)

 


男ギターはやっぱりBigsby!!

この手のギターには定番ですが、ビグスビーアームが搭載されています。

フロイドローズやシンクロナイズド・トレモロには無いこのロック感、やっぱりカッコイイ


指板はエボニー

エボニーならではの早い音の立ち上がりも感じることが出来ます。

なにより見た目がカッチョイイ。

このギターを買うまでセミアコを弾く機会があまりなかったので比較はできませんが、ハコギターならではの響き(エアー感)は大変心地よく、アンプを通した時のリバーブがかった感じがたまりません。

エピフォン製PUも上品な仕上がりで、クランチでトーン絞ったときのリッチな音はなかなか。

けどリアピックアップで全開にすると音がグシャッとなってしまい締まりのない音になります。


グローバーペグ

レスポールに比べてセミアコってのは作業効率がとにかく悪いんで、配線改造はまだまだ先だな


おなじみチ◯コヘッド

 

Epiphone Limited Edition ES-355 w/Bigsby
neck:Mahogany
body:Laminated Maple
fretboard:Ebony
neck pickup:Epiphone Alnico Classic Humbucker
bridge pickup:Epiphone Alnico Classic Humbucker

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA