Orville Les Paul Standard

今日のギターはジャパンビンテージ、オービルバイギブソンレスポール。

ハイボールマン手持ちのギターの中でも1,2を争う音の良さ。

ギター重けりゃ音も重い。

こいつはそんな格言を地でいくそんなギター。


派手な杢目じゃないけど、そっけないけど、そこがまたいい

エスカッション割れでら・・

 


ネックも極太、ギブソンでいう1958レスポール

 


前後ともにダンカン。フロント:SH-1(`59)/リア:SH-4(JB)

JBはもろハイスタ横山健の影響。歪ませた時の粘り気がハイゲインですんごい気持ちいい

`59は優等生。クリーンからクランチまですごく鳴る。ただしセッティングが甘いと、、、こもります。

 


ピックガードは外さない主義のハイボールマン

配線ノーマル、ポットもノーマル、でもノイズ無しのいい子ちゃん

 


マニア垂涎のバイギブソン

価格高騰しちゃってもう買えない

 


どっから見ても美しい(^q^)

 


バイギブinハードケース(ギブソンカスタムショップ製)

 


シリアル詳しいひとー教えてー

 


フロントのみゼブラのレスポール。シブいべさー?

 

と紹介してきたバイギブレスポール。

記事中にも書いたけど、ジャパンビンテージブームのお陰で当時のグレコ・トーカイ・オービルが高い高い(^^ゞ

そんなに当時の個体ていいの?と半信半疑のアナタ、モノによるかもだけど、、、ホントいいよ(^o^

そしてやっぱり重いギターていいのかなって気分にさせる

ハイボールマンが、持ってる数本のレスポールの中でも、トップクラスに重いこのギター、ホントいい

多分、このギターは一生離さないびょん。。。

レスポール最高!


Orville Les Paul Standard
neck:Mahogany
body:Maple/Mahogany
fretboard:Rosewood
neck pickup:SeymourDuncan SH-1(57)
bridge pickup:SeymourDuncan SH-4(JB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA