テレキャスをいじる①

先日購入したテレキャス。(→記事はコチラ

気になるところはいくつかあるけど、それなりにそれっぽい音もするしーってことで、特にイジらずそのまま弾こうと思っていたある日。

バチィインンン!!

あ、2弦が切れた。。。

これはそういうことよね、、

やっちゃいなってことよね、、

すべてを理解したハイボールマン、こないだのレスポールに引き続き、テレキャスにも手をつけちゃうねー(^^)

改造の方向性は、、、御大ジミーペイジのテレキャス!

ビンテージのテレキャス、つまりレスポール並に太い音を出せるテレキャスを目指します!

でもお金は余りかけたくないから、ピックアップの交換はやりません。

音変えるなら一番手っ取り早いんだけどね〜(・0・;)

予算は3,000円!

これであのギターソロを弾いちゃうのだ!(^^)

まずはハイボールマン、いろいろバラして現状のチェック、そこから改造点を洗い出すことにした。



キレイなテレキャス。中古とはいえメッキもボディ塗装もピカピカで、たぶん弾かれてなかったんだろうなと思わせる個体


コントロールキャビを覗いてみる。。。シンプルなテレキャス配線でハンダ技術はキレイなもんでした


フロントピックアップ部のザグリはこんな感じ。今回はピックアップの交換はやりません


いかにも中国っぽい表記の3Wayスイッチ。これもこのまま使います


ポットは、、、よくわかんないんで交換対象。CTSにでも替えてみよう


ブリッジコマは、うーん、、、ピッチも合ってるみたいだし、ここもこのまま使いましょう


ストリングガイドは交換しましょう。いかにも摩擦抵抗の多そうなこの形はいかにもチューニングが合いません


エッジの立ったヘッド形状。これはまろやかに削り落としてあげましょうか。。ペグもゴトーに替えたいところだけど、、グッとこらえて今回はガマンします


パッと見、すでにプラ感あふれるナットも交換対象から外します。だってめんどくさいんだもん


フレット処理は現状で満足だから特にナニもしない予定。しかし前オーナーに弾かれた形跡がほとんどない極上美品だじゃ(*´ω`*)


ネックポケットも中国らしさが溢れてます。ここはちゃちゃっとキレイにしてあげよう(^^)


ニセモノ感なフェンダーデカールは、、剥いじゃいましょう(。>д<。)


ふむふむ、なるほどなるほど。。

交換すべき部分を大体把握したハイボールマンは、すぐさまAmazon、そしてSoundHouseのサイトの門を叩くのだった。。。

、、続く(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA